食事ダイエット ガイド 片村 優美

かたむら ゆみ

やる気と笑顔を引き出す! 厳しくない管理栄養士

2つの病院で栄養指導や給食管理に従事したあと、フリーランスとして活動を始める。主にサイト監修や執筆が中心だが、食育教室や健康講座の開催など直接人と触れ合うことができる機会も大切にしている。正しいダイエット方法をわかりやすく伝えるため、指導媒体などの商品開発も模索中。

得意分野

ダイエット
生活習慣病・メタボリックシンドローム予防・改善
食育

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数1

ガイドからの挨拶

はじめまして! 管理栄養士の片村優美です。

私は子どもから働く世代、シニア世代まで、さまざまな年齢層の方を対象として「正しい食事」を伝えるための活動をしています。

私たちの体は食べ物から作られています。だからこそ毎日の積み重ねがとても大切です。食事をおろそかにしてしまうと栄養バランスが崩れて太りやすくなり、病気にもかかりやすくなります。

私自身もお恥ずかしながらぽっちゃりしている時期もありましたが、出産を機にダイエットに励み、産前より8kgほど体重を落としたことがあります。「痩せていなくてはいけない、ぽっちゃりがいけない」ということはありませんが、やっぱり健康的に痩せると気持ちがいいものです。「体が軽い」「着たい服が着られる」と実感できると、それまでに感じていなかった自信が湧いてきます。それにより気分が明るくなる、前向きになれる、オシャレが楽しくなる……いいことずくめです!

ですが、痩せたいからといって極端に食べなかったり、単品ダイエットをしたりと間違ったダイエットをしている人も多くいるのが現状です。間違ったダイエットは太りやすい体を作るだけ。短期間で大幅に痩せることもあまり意味がありません。

私が皆さんにお伝えしたいのは「正しい」ダイエット。正しいダイエットは決して辛く苦しいものではありません。考え方や嗜好を根本から変えるには時間がかかります。ゆっくり時間をかけながら、健康的な食習慣を築いていきましょう。

ガイドの新着記事

  • ダイエット中の1日に飲む水の適量と正しい飲み方は?

    ダイエット中の1日に飲む水の適量と正しい飲み方は?

    <管理栄養士が執筆>「水をたくさん飲むと痩せる!」と思っている人がいる一方で、「水太りする」「水を飲むだけで太る」「水ダイエットは痩せない」などと言い切る人もいます。生きていくために欠かせない水分の正しいとり方や1日に飲む適量についてまとめていきます。

    掲載日:2018年06月12日食事ダイエット