来店型保険ショップとは?

 
専門用語が多く、内容が理解しにくい生命保険。新しく保険に加入したい場合も、現在加入中の保険を見直したい場合も、難しくて自分では判断できないという人も多いはず。
そんな保険の悩みを抱える人におすすめなのが、お店で保険のプロに相談できる来店型保険ショップです。

保険ショップとは、保険会社と委託契約を結び、保険の設計や販売を代行するところ。一般的にはファイナンシャル・プランナーなどの資格を持った保険のプロが相談に応じ、プラン提案を行います。その形態は、個人の小規模ショップから、大手が全国展開するショップまでさまざま。最近では大手保険ショップが大手スーパーの店舗内や、駅前などに出店するようになり、その存在も身近になってきました。

保険ショップにはどんなタイプがある?

保険ショップのタイプは、大きく分けて3つ。

・大手保険会社が自社商品を取り扱う「直販型」
・契約している保険会社の商品のみを取り扱う「専属型」
・複数社の保険商品を取り扱う「総合型」

などがあります。

加入したい保険会社や商品が決まっている場合は「直販型」か「専属型」、
また複数の保険会社の保険商品を比較検討して選びたい場合は「総合型」の保険ショップが向いています。

どんな人に向いている?

保険のプロに直接質問ができる保険ショップは、保険に詳しくなく、客観的なアドバイスが欲しいという人や、じっくり対面で説明が聞きたい人におすすめ。
また、総合型のショップでは複数社の保険商品を比較検討できるうえ、組み合わせてもらうこともできるため、幅広い保険の中から最適なものを選びたいという人にも向いています。

【安田 一美】

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。