アナタの支払い状況は第三者機関にチェックされている!

支払い状況、把握していますか?

支払い状況、把握していますか?

カード会社は、カードを発行する前に利用者(申込み者)の審査をおこなっています。

なぜなら申込書記載事項を見ただけでは、その人に「信用を供与できるか」(つまり、カードを発行してよいかどうか)の判断がむずかしいからです。そのときに利用するのが、信用情報機関という第三者機関です。

どのカード会社もこういった信用情報機関に加盟しており、ここを通して利用者の過去の支払い実績や他のカードやローンなどの現在の利用状況を確認します。氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先名といった属性情報も閲覧することができます。

信用情報機関にはカード会社のほか、信販会社、銀行、保険会社、消費者金融、保証会社、リース会社、携帯電話会社なども加盟しています。加盟している会社は情報を閲覧するだけでなく、カード会社が知り得た個人信用情報を報告し、情報を共有します。

こうやって信用情報機関の下で一元管理され、日々新しいデータが蓄積されていくのです。

「自分の信用情報を勝手にやりとりしていいの?」と思われるかもしれませんが、知らないうちに登録されているということはありません。契約の際にこういった情報がやりとりされることを記載した同意書が用意されているはずです。確認してみてはいかがでしょう。

信用情報機関は3つある

しかし、この信用情報機関も2010年に大規模な再編が行なわれ、それまで業態ごとに5つあった信用情報機関が3つに統合されました。

◎全国銀行個人信用情報センター
社団法人全国銀行協会が運営する個人信用情報機関。 主に銀行、信用金庫などの金融機関が加盟している【参考サイト】。住宅ローンなど銀行に関わる情報が整備されている。

◎CIC
クレジット会社の共同出資により設立された機関。信販会社、百貨店、専門店会、クレジット会社、リース会社、保険会社、保証会社、銀行、消費者金融会社、携帯電話会社が加盟している。割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関。 ショッピングに関する情報が整備されており、商品名、支払い回数などの契約内容に関する情報や、支払い状況などが登録されている。

◎日本信用情報機構(JICC)
消費者金融系の全情連とCCB、テラネットが合併して誕生した機関。信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社が加盟している。貸金業法に基づく指定信用情報機関。 キャッシング・ローンの情報に強く、契約内容、返済状況に関する情報ほか、債務整理や破産申立などの取引事実に関する情報も登録されている。

自分の信用情報は確認可能!

信用情報機関では、自分の信用状況をチェックすることもできます。 本人確認書類を持って、それぞれの機関の窓口に行ってみましょう。CICやJICCでは、携帯電話や郵送などでも開示手続きが行えます。

私たちが想像するよりずっと気軽に対応してくれます。 まれにまちがった情報が登録されているケースもありますし、そんなトラブルを抱えていない人でも「信用の健康診断」がてら覗いてみるのもいいのではないでしょうか。 自分の情報がどう扱われているのか、そして正しい情報が登録されているか、定期的にチェックしてみてはいかがでしょう。

【関連記事をチェック】
ブラックリストに載ってしまったら?対策は?

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。