実績で昇格! クレジットヒストリーを磨け

年齢や年収面が不足していても、毎年一定のカード利用実績があり、支払いも滞ることがなければ「優良顧客」と評価されて特例的にOKになる場合もあるようです。カード会社も結局、たくさんカードを使ってもらう人に良いカードを発行したいわけですから、この「クレジットヒストリー」は非常に高く評価されます。

もちろん、少なくとも1年以上の利用実績を積む必要があります。利用額の目安としては年間200~400万円くらいは最低必要でしょう。クレジットヒストリーを質の良いものにするには、「毎月ショッピング限度額ぎりぎり使い、決められた日に支払いを行う」というのも有効な方法です。

そして限度額をUPしてもらうのです。海外旅行などに出かける前にカード会社に限度額のUPを頼んだことがある人は多いと思いますが、決められた通りに支払いをしていれば比較的簡単に応じてもらえます。これを繰り返し、ある時「今度はプラチナカードに昇格したいんだけど」と頼んでみるのです。

正攻法! ヤングゴールドからのステップアップ

これは正攻法ですが、20代の方の場合は、まず手始めに、「JCB GOLD EXTAGE」、「三井住友VISAプライムゴールドカード」などのヤングゴールドカードを持ち、そこからステップアップするという方法があります。

一般的にヤングゴールドは30代になった最初のカード更新時に、一般のゴールドカードに自動的に移行しますので、年収が達していなくても、また、途中で転職して勤続年数が5年以下であっても、スムーズにゴールドへ移行できるというわけです。

ヤングゴールドの審査基準は「満20歳以上30歳未満のお勤めの方」というものがほとんですから、ハードルはそんなに高くありません。

期間を見極めて取得申請

会社を挙げてカード会員を増やす「会員増強キャンペーン」ということをやっているカード会社があると聞いたことがあります。部署ごとにノルマがあるので、担当者は必死になって、友達や親戚、取引先の会社の社員を勧誘するのだそうです。こういった機会に上手く申し込みできれば、審査も有利に進むかもしれません。

また、銀行ATM入口で行っているキャンペーンや、オンライン入会申込キャンペーンなども、予算を投入し、獲得目標を設けて行っているはずですから、「ゴールドになりたい」「プラチナになりたい」なんていう人は、担当者としては探してでも見つけたい人材。積極的にアピールできるチャンスです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。