東北新幹線などで「モバイルSuica」を使って乗車OK!

これまで在来線の一部特急でしか使えなかったJR東日本の携帯電話サービス「モバイルSuica」が08年3月から新幹線でも使えるようになります。対象となるのは、同社が運営・管理している東北、上越、長野、山形、秋田の各新幹線で、あらかじめ「モバイルSuica」で乗車券と特急券を購入し、そのデータをダウンロードしておけば、窓口で切符を受け取らなくても自動改札機に携帯電話をかざすだけで、乗り降りできます。

運賃も9%程度割引になります!画期的です

最大の特徴は新幹線料金(指定席)がみどりの窓口で購入するのに比べて9%ほど割引になることです。たとえば、東北新幹線「東京?仙台」間では、通常の指定席利用なら乗車券込みで片道1万590円かかるところ9,700円で済みます。窓口での切符販売に関わる人件費が浮くので、その分値引きできるのですが、今まで新幹線には割引制度がなかったことを考えると、このサービスは画期的といえます。

登録したクレジットカードでチケットを購入!

利用の方法は、まず、「モバイルSuica」で、利用登録をしておき、それから専用サイトにアクセスします。ここで予約を行うわけですが、この時に登録しているクレジットカードで、決済すればそれで完了します(銀行口座引き落としを選んだイージーモバイル会員は残念ながらこのサービスは利用できません)。
また、予約する際には航空機のようにシートマップが携帯電話の画面に表示されるため、指定席、自由席、窓際、通路際と自由に指定できるのも強みです。

直前まで列車の変更が可能!

さらに列車の変更も予約列車の出発前なら手数料なしで何回でも可能ですから、出張先でのミーティングの時間が決まっていないような時には便利です。

次のページへ>>