ブラックカードに注目が集まっている!

ブラックカードというと、カードホルダーの羨望の的です。またの名をセンチュリオンといいますが、年会費36万7500円(税込み)という「アメリカン・エキスプレス」で最上級のカードです。チタン製で表面が黒く光っているため「ブラックカード」と呼ばれています。

他社の最上級カードが5万円から10万円の年会費ですから飛び抜けて高いのです。その分、夢のような特典、サービスも用意されています。たとえば、もっているだけで、宿泊ホテルの部屋が自動的にランクアップされたり、航空機一機まるごとチャーターできたり。また、電話一本でほとんどの用件を聞いてくれるコンシェルジュサービスもあり、至れり尽くせりです。

欲しいと思っても絶対にもつことはできない一枚。招待制のため、招かれるまで待たねばならない!

しかし、一般のサラリーマンが欲しいと申し込んでも、アメックス社が年収、職業などの審査で「優良」と判断して、インビテーション(招待)してくれないと絶対に持つことはできません。条件としても年間利用額が一千万円以上は必要といわれ、セレブでなければ持てない「幻のカード」なのです。

プレミアムカードの発行ラッシュが起きた!

庶民には手の届かないセンチュリオン。36万7500円の年会費はともかくとして、いまクレジットカード業界では、プレミアムカードが一種のブームになっています。ダイナースクラブカードは年会費10万5000円(税込み)のプレミアムカード(ブラックカード)を発行していますし、JCBはザ・クラス(年会費5万2500円・税込み)、三井住友カードもVISAプラチナカード(年会費5万2500円・税込み)、さらにMUFGはMUFGカードゴールドを年会費2000円(税込み)という破格の値段で発行しています。年会費は2000円から10万円までさまざまですが、いずれも一般カードにはない、傷害保険、空港ラウンジサービス、コンシェルジェサービスなど、豊富で充実したサービスを備えています。

でも、不思議なものですね。少し前までは年会費無料で、ポイント交換でこつこつ稼ぐというカードのスタイルが全盛でしたが、その勢いが次第に失われ、ステータス性を強調したカードに主流が移ろうとしています。それは何故でしょうか。