持つべきクレジットカードを2枚に絞るワケ

私は以前からカードは2枚をもつべきだといっています。その理由は、複数枚のカードをもっていると、それだけで年会費がかかってしまい、さらには、盗難、不正使用のリスクも高まるからです。それを回避するためには、2枚のカードに絞り込むのがベストです。

メインとサブの2枚のカードを選んで、上手に使えば、無駄なコストをかけずに、リスクを最低限に押さえて、カードライフを満喫できるのです。つまりは、メインカードで集中的に使ってポイントを貯め、サブカードで補助し、互いに相乗効果を得られるようにすればよいのです。

では、どんなカードをもてば、お得で充実したカードライフを送れるようになるのか、相乗効果のある2枚の組み合わせを考えてみましょう。
今回はとくに毎日の暮らしでポイントが貯まったり、割引になったりして、直接お得が取れる組み合わせを5組紹介します。

ガソリン節約を第一に考える人の組み合わせ。出光カード「ね~びきコース」+JCBドライバーズプラスカード

ガソリン代が高くて困ったという人には、値引き率の高いガソリンカードがおすすめ。出光カードは、ガソリン最大30円/L値引きという驚異のポイントサービスを実現しています。前月のカード利用金額に応じて「ね〜びきポイント」が貯まり、ガソリンならポイント数×1円/L、軽油、灯油ならポイント数× 0.5円/L、オイルやLPガスにも値引きが適用され、月間最大30ポイント、毎月300Lまで利用できます。例えば、毎月5万円の公共料金や固定費を出光カードで支払っておけば、それだけでガソリンは5円/L引き。明快なシステムなので、毎月のガソリン使用量を考えれば、すぐに計算できるでしょう。

もう一枚がJCBドライバーズプラスカード。このカードなら、どこのガソリンスタンドでもキャッシュバックの対象になります。出光のスタンドがない時に便利です。1ヵ月のカード利用金額に応じてキャッシュバック率が決定して高速道路・ガソリンスタンドで、キャッシュバックの対象になります。クルマでの長距離移動が多い人であれば完璧な組み合わせといえます。
 

買い物でくまなくポイントを貯めて割引も受けたい人向け。P-oneカード+マツモトキヨシメンバーズクレジットカード

P-oneカードは、購入したお店や商品に関係なく、請求時に1%割引になるという驚異的なカードです。もちろんポイントも貯まります。公共判金の引き落としも対象で、利用金額1000円(税込)につき「ポケット・ポイント」が1ポイントになります。さらに、毎月7日にはこのポイントが10倍になるというサービスもあり(公共料金などは対象外)、貯まったポイントは、厳選された商品やJALのマイルと交換できるのも魅力です(ただし、この10倍特典は2009年2月までと期問が限定されているのでご注意を)。