楽しい鉄道グッズ選び

鉄道博物館グッズ
箱あり、缶ありと賑やかなテッパク土産のお菓子。真ん中奥の赤いパッケージに黒いSLが描かれているのが「石炭あられ」だ
さいたま市の鉄道博物館が相変わらず大人気だが、行った記念に買うお土産コーナーもいつも大混雑だ。アイテムの種類も多く、スイーツや模型、資料集から携帯ストラップ、ピンバッヂといった小物に至るまでバラエティに富み、有名テーマパークのお土産を彷彿とさせる。

お菓子類は、クッキー、チョコ、お煎餅などパッケージも多種あり豊富だが、一番人気はSLデコイチ(D51)のシミュレーションにあやかった「石炭あられ」だ。その奇抜な発想と意外に美味しいとの評判が噂となって広がり、飛ぶように売れている。

鉄道博物館のグッズに刺激されたかのように、他の博物館や人気のイヴェント列車、SL列車、特急列車、観光地の駅などで売られている様々な鉄道グッズが人気だ。ここでは、これらの楽しい鉄道グッズを集めてご紹介しよう。

鉄道関連食品はパッケージも楽しい

都電もなか
旧型から最近のレトロ電車まで様々な都電車両がパッケージ化されている
都電もなかの車庫と地図></td></tr><tr><td class=10量の電車が2段で車庫にはいる車庫形パッケージはユニークだ
駅弁については、別に特集記事があるので、ここでは駅弁以外のものを紹介する。

お菓子で話題となったものには、銚子電鉄(千葉県)の「濡れ煎餅」がある。ユニークな味わいもさることながら、売上げが赤字の本業を助け、電車や施設の修理代に補填されたことはニュースなどで報道された通りである。

電車やディーゼルカーといった車両は、いわゆるハコモノなのでパッケージを車体にするのは容易だ。例えば、東京の路面電車「都電」にちなんだ都電もなかは、何種類かの車両1両づつに、もなかが入り、それをセット売りする場合には、車庫形のパッケージに入れる凝りようだ。ファンなら車庫一つ分のセットを買いたくなる。同じ都電にちなんだものには、都電サブレがある。これは大き目の都電形パッケージの何枚ものサブレを入れたものだ。

箱根登山電車サブレと小田急青いロマンスカーのクッキー
箱根登山電車サブレと小田急の青いロマンスカーのクッキー
似たようなものには、箱根登山電車サブレ、小田急青いロマンスカーのクッキーがある。これらは味はともかく、パッケージ目当てで買ってしまう子供やファンのハートをしっかりつかんでいる。