人気番組からスピンオフした楽しい企画が盛りだくさん。「HOT FANTASY ODAIBA 2005」は来年2006年1月3日まで
人気番組からスピンオフした楽しい企画が盛りだくさん。「HOT FANTASY ODAIBA 2005」は来年2006年1月3日まで
2005年国内最大のイベントだった愛知万博で、もっとも話題を集めた展示物といえば、冷凍マンモスこと、「ユカギルマンモス」ですよね。行列の末、動く歩道でわずか10数秒しか見られなかったマンモスが、今、東京はお台場で見ることができるんです!

ホットファンタジーお台場、開催中。

東京・お台場は休みともなれば、首都圏に住む方々を含め、たくさんの観光客でにぎわう人気スポット。その仕掛け人のひとつであり、中心でもあるのがフジテレビさんなのはみなさんご存知のとおり。放送以外でもさまざまなイベントを企画していますが、今冬はリアルイベント「HOT FANTASY ODAIBA 2005」を開催しています。

「HOT FANTASY ODAIBA 2005」は、12月10日(土)より2006年1月3日(火)までの25日間、フジテレビ社屋とその周辺のお台場地域で開催される、まさに一大テーマパーク。高視聴率ドラマをモチーフにした「電車男ワールド」「フジテレビドラマ写真展」、今年大ブレークしたレイザーラモンHGと女子アナのコラボ企画「TOKYO NIGHT CRUISE-女子アナと行く!夜空の空中散歩 with レイザーラモンHG-」、話題の映画「THE 有頂天ホテル」の紹介など、ユニークかつ興味をそそる企画がこれでもか状態でテンコ盛りされ、お楽しみが目一杯つまったこの冬の首都圏で一番のイベントといっても過言ではありません。

そんなメインのイベントとは別に設けられたサテライトイベント。その目玉が何を隠そう、愛知万博で話題を呼んだ冷凍マンモスの登場です。

冷凍マンモスがお台場に登場。

愛知万博で撮ったユカギルマンモス。あのときはほんと一瞬の出来事で…。もう一度会えてヨカッタね
愛知万博で撮ったユカギルマンモス。あのときはほんと一瞬の出来事で…。もう一度会えてヨカッタね
2002年秋、ロシア連邦の永久凍土の地「サハ共和国」のユカギル村で見つかったマンモスは、骨格だけではなく、軟体部も含まれ、大きな話題となりました。

2004年に愛知万博での公開が決まり、今年の開催では約700万人もの人が見たといいます。まさに万博の目玉だったわけですね。とはいえ、その700万人に含まれない人がたくさんいるわけで。とくに首都圏には。というわけで、せっかくお台場に来ているんですから、これを見逃す手はありませんよね。

ユカギルマンモスの展示だけに関していうと、愛知万博よりも今回のミュージアムのほうが情報はまとめられている感じがします。ミュージアムの構成は次のようになっています。

1. マンモスとは何か
2. ケナガマンモスのカラダとくらし
3. 何故マンモスは絶滅したのか
4. ユカギルマンモスとは?
5. サハ共和国紹介コーナー
6. ユカギルマンモスからのメッセージ
7. 冷凍マンモスコーナー
8. マンモスミュージアムショップ

お台場という土地柄、ファミリーで体験するのもいいですね。お子さんたちの勉強になりますし。当たり前ですが、動物園の象とは大違いです。
(あまり小さいお子さんにはわからないでしょうが)。

公開は、来年2月末までですが、どうせ行くなら「HOT FANTASY ODAIBA 2005」で賑わっている今が一石二鳥。年明けに、「ユカギルマンモス、見たよー」と話題にもできますし。ぜひどうぞ。

《HOT FANTASY ODAIBA 2005 DATA》
●会期/2005年12月10日(土)~2006年1月3日(火)
●会場/お台場フジテレビ社屋、その他周辺地区
●地図/Yahoo!地図情報
●時間/10:00~20:00、12月31日は23:00まで
●入場料/球体展望室 大人500円、小中学生300円
●お問い合わせ/HOT FANTASY ODAIBA事務局Tel. 03-5500-1871

《ユカギルマンモスミュージアム サハ永久凍土からのメッセージー。 DATA》
●会期/2005年12月10日(土)~2006年2月28日(火)
●会場/フジテレビ本社屋7階特設会場
●地図/Yahoo!地図情報
●時間/10:00~20:00、2006年1月4日(水)からは10:00~18:00(最終入場は17:30)
●入場料/一般1,000円、小・中学生700円
●お問い合わせ/ナビダイヤルTel. 0570-010-000 ※一部携帯電話、PHSからはご利用できません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。