韓流ブーム以後、日本でも注目を集める韓国映画。ここ5~6年ほどで、ビデオレンタルショップに並ぶ韓国映画は急増しました。いろいろな作品があるけれど、何を見たらいいのかよく分からない……。そんな方のために、ガイドがオススメ映画をジャンル別にご紹介します!

涙なしでは見られない映画

マラソンDVD
監督:チョン・ユンチョル 出演:チョ・スンウ/キム・ミスク 韓国公開:2005年
■マラソン
体は20歳、心は5歳。シマウマとチョコパイ、そして走ることが大好きな自閉症の青年チョウォンは、母親のひたむきな愛に見守られながら、フルマラソン参加に向け本格的な練習を開始する。韓国の実在の青年を描いたこの映画は、韓国で500万観客を号泣させた。


私の頭の中の消しゴムDVD
監督:イ・ジェハン  出演:チョン・ウソン/ソン・イェジン 韓国公開:2004年
■私の頭の中の消しゴム
社長令嬢のスジンと工事現場で働くチョルスは互いに惹かれあい結婚する。しかし、ある日病院を訪れたスジンは若年性アルツハイマーを患っていることを告げられる。スジンは最愛の夫チョルスの記憶まで失い始め……。日本で公開された韓国映画史上1位に輝いたことのある作品。

ユアマイサンシャインDVD
監督:パク・チンピョ 出演:チョン・ドヨン/ファン・ジョンミン 韓国公開:2005年
■ユア・マイ・サンシャイン
農村で母親と暮らす素朴な男性ソクチョンは、喫茶店で働く美しいウナに一目ぼれする。不器用ながらも一途に尽くすソクチョンの姿を見て、男性不信のウナも次第に心を許すように。二人は結婚し幸せに暮らしていたが、ある日ソクチョンはウナがHIVに感染していることを知る。しかしソクチョンの無条件の愛は変わることがない。韓国映画祭の様々な賞を受賞した必見感動ムービー。

8月のクリスマスDVD
監督:ホ・ジノ 出演:ハン・ソッキュ/シム・ウナ 韓国公開:1998年
■8月のクリスマス
小さな写真館を営むジョンウォンは、30代半ばという若さで不治の病に冒されていた。全てを覚悟し自分の運命を受け入れているジョンウォンは、写真館で穏やかに時を過ごしていた。駐車違反の取締りをするタリムは、仕事の愚痴を聞いてくれるジョンウォンに会いに写真館へ通う。そしてまたジョンウォンもタリムを待つように。しかしジョンウォンに残された時間はもう長くはなかった。韓国映画の傑作。


キュートなヒロインが印象的な韓国コメディ

猟奇的な彼女DVD
監督:クァク・ジェヨン 出演:チョン・ジヒョン/チャ・テヒョン 韓国公開:2001年
■猟奇的な彼女
韓国で話題になったネット小説が原作のロマンチックコメディ。気の弱いぐうたら大学生キョヌは、地下鉄で偶然酔っ払いの美女を介抱する。それがきっかけで、彼女に強引に振り回されるようになる。正義感たっぷりでキュートな彼女にキョヌは惹かれるようになるが、彼女には秘密があった。原作の単行本は10万部を超えるベストセラーに、映画は500万人を動員した。韓国映画史上最も魅力的なヒロインの姿に誰もが恋すること間違いなし。主題歌の“I believe”やピアノ曲“カノン”など、印象的で美しいメロディも映画を盛り上げている。

カンナさん大成功です!DVD
監督:キム・ヨンファ 出演:キム・アジュン/チュ・ジンモ 韓国公開:2006年
■ カンナさん大成功です!
カンナは体重が90キロ以上もある超大柄女。音痴な歌手のゴーストシンガーをするのが仕事だ。ある日、想いを寄せるプロデューサーが、カンナの容姿がイマイチだと話しているのを偶然聞いてしまい絶望。全身整形をして綺麗になり生まれ変わることを決意する。カンナの恋は叶うのだろうか。主人公を演じたカンナ役のキム・アジュンとプロデューサー役のチュ・ジンモはこの作品で第1回大韓民国映画演技賞・ベストカップル賞を受賞。特にキム・アジュンは第44回大鐘賞映画祭で女優主演賞を受賞し、大スターの仲間入りを果たした。太ったカンナ役も特殊メイクを施しキム・アジュン本人が演技。劇中で披露される歌“マリア”を直接歌っていることでも話題になった。

美術館の隣の動物園DVD
監督:イ・ジャンヒャン 出演:シム・ウナ/イ・ソンジェ  韓国公開:1998年
■ 美術館の隣の動物園
結婚式のビデオカメラマンをするチュニは、代議士秘書に片思い中。シナリオライターになる夢を叶えるため、毎日彼を思いながらラブストーリーを書いている。そんな彼女の部屋にある日突然、兵役休暇中のチョルスが転がりこんで来る。チュニが住むようになる前、この部屋にはチョルスの恋人タヘが住んでいたのだった。既に別に恋人がいるタヘはチョルスをあしらう。休暇中行く場が無くなったチョルスはチュニの部屋に居座るように……。
終わり行く恋と新しい恋の始まりを爽やかに描いている。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。