あっさりソロンタンを召し上がれ

あっさり美味しいソロンタンは朝食メニューとして人気
韓国の朝ごはんの定番メニューとしてよく食べられるのがソロンタン。ソロンタンとは牛の骨や内臓でダシを取って煮立てたスープです。10時間以上をかけて骨が完全に柔らかくなるまで煮込みますが、脂が染み込んでいる割にはスープ自体はあっさりとしています。キムチや塩で好みに味付けをして、一緒に出されるご飯を入れて食べてくださいね。

ソロンタン、クッパ、へジャングクと韓国ではスープ料理はご飯を入れておじやのように食べることが多いです。ご飯を入れて食べるスープの場合、味も辛くなくあっさりとしているものが多いので、自分で塩や薬味で味を調節して食べられます。「韓国料理は辛いのが多いから……」と敬遠してしまいがちな人にもソロンタンはオススメです。また、朝はあっさりしたものが食べたいという方もどうぞ。

バラエティに富んだお粥の数々!

お粥は朝食の人気メニュー 写真はあわび粥・イメージ
ソロンタンと朝食の人気メニューの座を二分しているのがお粥。日本でお粥というと、体調不良の時に食べられるというイメージがありますね。でも、韓国でお粥は健康的な朝食メニューとして親しまれているのです。またお粥の種類もバラエティに富んでいて様々な味を楽しむことができます。

お粥の中で一番人気はアワビ粥。アワビというと日本では高級品ですが、韓国でアワビはお粥の具として一般的です。高蛋白質で消化にもよいのが嬉しいですね。アワビ粥は1人前10,000ウォン(1,200円)前後とやや高めですがお試しの価値はありますよ! また、多くのお粥専門店ではアワビ粥以外にも松の実を使ったお粥や野菜をふんだんに取り入れた野菜粥、カボチャ粥、海鮮粥などいろいろなメニューが用意されていて、値段も5,000~10,000ウォン(600~1,200円)程度。

街でよく見かけるボンチュッ(チュッとは韓国語でお粥のこと)は全国に展開しているお粥専門店です。2005年には海外初の直営店として東京にも進出しました。あわび粥や野菜粥など17種類のお粥をはじめ、他にも柚子茶やナツメ茶といった伝統茶もありますよ。お粥にはキムチ、水キムチ、イカの塩辛、牛肉の煮付けがサービスで出されます。メニューには英語と日本語での表記もされているので韓国語が分からなくても大丈夫。いつものシンプルな白粥と違ったお粥を食べてみるのもいいかもしれませんね。

【DATA】
ボンチュッ(公式サイトは韓国語のみ)
  • 店舗:韓国各地

  • 営業時間:8:00~22:00

  • 休業日:日曜日、韓国の旧盆及び旧正月の連休時

  • 日本語:日本語のメニューあり


【関連記事】
(All About韓国)

韓国で人気の朝食メニューをお届けしてきましたが、食べてみたいメニューが見つかりましたか? 寒い冬の韓国旅行だからこそ朝から栄養たっぷりのメニューで元気を出してくださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。