中伊豆のエリア概要

izuhakonetetudou.jpg

三島駅←→修善寺駅間を走る伊豆箱根鉄道(駿豆線)

中伊豆への電車でのアクセスは三島駅が拠点となります。三島駅までは新幹線、三島からは伊豆箱根鉄道(駿豆線)を利用して、韮山、伊豆長岡、修善寺などの各目的地へ向かいます。天城方面へは、終点修善寺駅よりさらにバスに乗り換えとなります。

中伊豆は伊豆半島の中央にある山川の自然豊かなエリア。地形を生かしたレジャースポットも点在し、秋には見事な紅葉も各地で観賞できます。温暖な気候の伊豆にあっては珍しく、天城山周辺では冬には雪が降ったり道が凍ることがあるため、ドライブの際には注意が必要です。

文人墨客が愛した温泉郷では、「伊豆の踊子」をはじめとする多くの文学スポットがあり、また源氏にまつわる旧跡もその逸話と共に各所に残されています。清らかな水が育むワサビや蕎麦が美味しく、新鮮な山の幸も堪能できる地。季節ごとに様々な味覚狩りも楽しめます。清流、狩野川では5月下旬の解禁日以降12月まで、アユ釣りをする人の姿もたくさん見られます。

中伊豆の観光プチアドバイス

天城のバスでの周遊には、「天城路フリーパス」(1,900円/有効期間2日間)が便利。修善寺駅前、河津駅前、湯ヶ島の案内所にて発売しています。同チケットを利用すれば、「修善寺虹の郷」や「サイクルスポーツセンター」をはじめ、多くの施設を割引料金で利用できるという特典付き。

ドライブ中に観光に関して迷ったら、伊豆の国市田京にある道の駅伊豆のへそ(静岡県伊豆の国市田京195-2/0558-76-1630)へ。その名の通り伊豆の中心に位置し、東西南北の交流地点として、専従スタッフによる伊豆地域の観光インフォメーションを行っています。ここでは珍しい「青バラソフトクリーム」の販売も行っています。

また、伊豆の国 観光パスポートは、伊豆の国を第二の故郷と思ってリピーターになってもらえるようにと発行されているもの。伊豆の国市観光協会、市役所観光商工課、市内各旅館などで、1部1000円で販売されています。協賛店でそれぞれ割引や記念品のプレゼントなどのサービスを受けられたり、協賛店でスタンプを集めると、数(5、10、15)に応じて景品と交換してもらえるなどの特典が付くお得な内容。また、手続き不要の抽選(パスポート発行時の申請書を抽選)で、地場産品なども当たります。