ケアンズのグルメ・絶品レストラン

ケアンズにはアジア料理からヨーロッパ料理まで、各国の料理が食べられるレストランがあります。そこで、今回はケアンズ市内中心部の各国料理レストランをジャンル別にご紹介! 特別な日に行きたい素敵な郊外のレストランも最後にご紹介しています。

常夏とも言えるケアンズでは、アウトドアにテーブル席を設けているレストランもいっぱい! 気持ちのよい潮風を感じながらの“お外ごはん”は最高ですよ。

注意)ケアンズでのディナーの予約は必須ではありませんが、とくに希望する席がある場合や週末等はしたほうが無難です。また、服装は記事内で特に記載していない限り、カジュアル程度で大丈夫です。

ケアンズで食べるべきもの

豊富なシーフードとおいしいビーフで知られるオーストラリア。これらはモチロン、どこで食べても美味しいのですが、ケアンズだからこそ「おいしい!」ものは何か? オーストラリア各地でいろいろなものを食べてきたガイドが一押しする『ケアンズでこそ食べるべきもの』、それは何といってもエビです!

クイーンズランド州は、ブラックタイガーやバナナプロウンといったエビの国内最大産地なのです。とれたてのエビは、茹でただけでも甘くてぷりぷり。ガーリックの効いたアイオリソースを付ければ、最高の白ワインの友!

そして、熱帯のケアンズでは、温かい海だからこそ獲れるシーフードを食べたいもの。グレートバリアリーフの海で獲れる珍しいリーフフィッシュや熱帯域に生息するバラマンディーといったお魚系も外せませんよ。

<余談> 「暑いケアンズで牡蠣を食べても大丈夫?」と聞かれることが度々あります。オーストラリアでは夏でも牡蠣が食べられるので一般的には大丈夫、と言えます。ですが、ひとつ念頭に置いておきたいのは、ケアンズは牡蠣の産地ではないということ。オーストラリア国内の移送であっても、日本なら北海道から九州くらいの距離を運ばれてきます。お腹が弱い人、少しでも心配に思う人はやめておくのが無難かもしれません。

チャーリーズ - シーフード食べ放題

上で「ケアンズでこそ食べたいもの」としてエビを挙げましたが、その茹でエビをはじめ、牡蠣や蟹等のシーフードをお腹がはちきれるまで食べられるのがココです! 食べ放題のシーフードビュフェ店として、地元でも大人気。シーフードだけでなく、温かいスープやお肉料理等もあります。

その日に獲れたリーフフィッシュのグリルがあったら是非狙い撃ちを(笑)。1人30オーストラリアドルでお釣りが来る安さです。

Charlie's
住所: Acacia Court Hotel, 223-227 The Esplanade, Cairns ※アカシアコート・ホテル内
電話: (07) 40515011
営業時間: 18:00~22:00(シーフードビュフェの時間)
休み: 基本的になし
アクセス: シティプレイスから徒歩20分、タクシー5分

※お店のサイトはないのでホテルのサイトにリンクしています。