あなたのハードディスク、悲鳴をあげていませんか?

パソコンには、さまざまなデータが保存されています。それらのデータはすべてハードディスクという大容量記憶装置に保存されています。最近ではより高速なSSDも普及していますが、容量や価格などの兼ね合いでまだまだハードディスク採用のパソコンが多いでしょう。そんな大切な情報を持っているハードディスクが、とてもデリケートな機器だと認識して使っている方は少ないのではないでしょうか。

ハードディスク
どんなパソコンの中にも、ハードディスクが入っている


ハードディスクは、金属のディスクを超高速で回転させてデータを読み書きします。その可動部品はすべて消耗品なので、使えば使うほど故障する可能性が高くなります。しかもデータが不連続になってしまう断片化などで無駄な動きが増えると、寿命はさらに短くなってしまいます。逆に、使い方に気をつけれることで寿命を延ばすことも可能です。しかも寿命を延ばす使い方は、快適に使うことができる方法でもあるのです。

そこで今回はハードディスクを長持ちさせるだけでなく、快適に使う方法を紹介します。あなたの大切なデータを保存するハードディスクをぜひいたわってあげてくださいね。

<INDEX>
■不要ファイルの削除でお掃除しよう
■デフラグでデータをきれいに並べ替えよう
■保存データは外部記憶装置に移動しよう
■ハードディスクを守る裏技とは?


それではさっそく、データの掃除からはじめましょう