JRの駅のうち日本最南端に位置するのは、鹿児島県の指宿枕崎線・西大山駅。「最南端」という言葉を聞いただけで、「さい果て」への旅情がわいてきませんか?

最南端であって最南端ではない?

西大山駅
JRの東西南北端駅を示す掲示。こちらはまだ「本土最南端」と書かれている(2006年4月撮影)
JR最南端に位置する西大山駅は、鹿児島中央駅~枕崎駅を結ぶ指宿枕崎(いぶすきまくらざき)線にある駅。もちろん、この指宿枕崎線自体も、JR最南端を走る路線。

先ほどから「JR」の日本最南端といちいち断っているのは、さらに南の沖縄県に沖縄都市モノレール(ゆいレール)が開業したからです。

それまでの長い間、日本最南端の駅と言えば、正真正銘、この西大山駅でした。しかし、正式な分類ではモノレールも鉄道に入るため、日本の鉄道最南端の駅は、沖縄都市モノレールの那覇空港駅ということになっています(日本最西端の駅でもあります)。

そのため、西大山駅は一時期「本土最南端」の駅と呼ぶことになりましたが、「沖縄は本土ではないのか」という批判を受けたため、最終的に「JR日本最南端」の駅とすることで落ち着いたようです。

これがJR日本最南端・西大山駅だ!

西大山駅
西大山駅といえば、開聞岳を背にしたこの定番ショット。その雄大さに思わず息をのむ(2006年4月撮影)

西大山駅は山川駅からだと2駅目とすぐなのですが、意外に途中下車の難しい駅。

というのも、鹿児島中央~指宿間は約1時間に2本の列車が走っているものの、指宿~山川~枕崎間ではその本数が激減。西大山駅に停まる列車は、片道わずか8本のみなのです。

一日一往復半の直通列車を除き、山川駅か、一つ手前の指宿駅で乗り換える必要があります。砂むし温泉で知られる指宿の次の駅が山川。西大山駅が無人駅なため、この山川駅は「JR最南端の有人駅」ということになります。

山川駅を出た列車は、薩摩半島の先端を回り込むように走り、西大山駅へ。

西大山駅
立派に舗装された駅前には、観光バスもやって来る。本来なら鉄道で来て欲しいところだが(2006年4月撮影)
最南端の駅はどんなだろう?と期待に胸をふくらませて降り立つと、短いホームと申し訳なさ程度の屋根しかない無人駅。

ちょっと拍子抜けしてしまうのも事実ですが、晴れていれば、真正面に開聞岳(かいもんだけ)の雄大な姿が望め、そんなもの足りなさはすぐに忘れてしまうでしょう。

しばしこのホームに立ちつくし、さい果ての旅情を全身で味わいましょう。



次のページでは、この最南端・西大山駅の旅情を皆さんにもちょっとだけ味わっていただきましょう! >>