温泉地などに行くと近頃よく目にするのが「足湯」。足をお湯に入れるだけ、というその手軽さから大変人気がありますが、そんな足湯が、駅にもあるのをご存知ですか?

行き交う列車を眺めながら足をつければ、その心地よさに一日中列車に座ってだるくなった足が生き返る!そんな足湯のある駅の中から、改札内または改札外でも駅舎に隣接している5駅をピックアップしました。

上諏訪駅・足湯(JR東日本・中央本線)

上諏訪駅足湯
上諏訪駅足湯
元露天風呂の雰囲気を残す上諏訪駅足湯
実はこの上諏訪駅の足湯は、元々は日本で唯一の駅ホームにある「露天風呂」でした。まだ国鉄だった当時、長野鉄道管理局では「一駅一名物」という運動を実施、ここ上諏訪駅は上諏訪温泉の最寄駅であることから、何と駅ホームに露天風呂を作ってしまったのです。1万近くある駅の中で、ホームに露天風呂がある駅というのはもちろん他になく、ちょっとした名所になりました。

JRになってからしばらくの間もそのままでしたが、やはり色々と管理上の問題もあったようで2002年に足湯に改装されました。足湯というと、たいていは東屋タイプのものが多いですが、そのような経緯から、この足湯は岩風呂風なのが珍しいですね。

足湯があるのは駅舎に接した1番ホーム。すぐ目の前で発着する特急列車を眺めながら、のんびり一息つくのはいいものです。

列車の乗車券を持っている人なら誰でも無料で入浴可。列車に乗らなくても、入場券を買って入場すれば利用できます。また、タオルがなくても大丈夫。改札を出てすぐ横にある売店でオリジナルタオル(190円)を販売しています。ちゃんと足湯にあるのれんと同じイラストが入っていて、記念にもなりますよ。

■場所:上諏訪駅(長野県諏訪市)1番線・ホーム上
Yahoo!地図情報

[関連サイト]
上諏訪駅紹介/JR東日本長野支社

川湯温泉駅・あし湯(JR北海道・釧網本線)

川湯温泉駅足湯
川湯温泉駅駅舎
足湯のほか駅舎内には喫茶店もあり、のんびりくつろげる
北海道東部、釧路と網走を結ぶJR釧網(せんもう)本線のちょうど中間あたりにある駅。駅員のいない無人駅ですが、列車を降りると鮭を抱えた大きな木彫りの熊が出迎えてくれます。

この駅で下車したら、足湯に行く前にまずは駅前に出て駅舎を眺めてください。大きな三角屋根が特徴の山小屋風木造駅舎で、北海道はもちろん、全国でも屈指の名駅舎ですから必見です。

足湯は、駅舎の横にある専用の建物の中。屋内なので、天候を気にせず入れるのがいいですね。「川湯温泉」の温泉街は駅から約3kmほど離れているため、この足湯は川湯温泉から引いているわけではないそうですが、ナトリウム炭酸水素泉というれっきとした温泉です。何度か訪れたうち、一度だけ熱過ぎて足を浸けられなかったことがありましたが。

足湯で体の芯まで暖まった後は、駅舎内にある喫茶店「オーチャードグラス」へ。お腹をいっぱいにして、次の目的地に出発!木彫りの熊、駅舎、足湯、レストラン。これらすべてをクリアできたらあなたも「川湯温泉駅」通になれること間違いなし。

列車の本数が少なく、途中下車すると同じ方面への列車は2~3時間来ませんが、そんな待ち時間がいくらあっても足りない、楽しい駅なのです。

■場所:川湯温泉駅(北海道上川郡弟子屈町)改札外・駅舎横
Yahoo!地図情報

[関連サイト]
川湯温泉駅紹介/JR北海道釧路支社
喫茶・オーチャードグラス


まだまだある駅の足湯次のページで!