叡山電鉄「パノラミック電車・きらら」

鞍馬駅
風情満点の鞍馬駅
叡山(えいざん)電鉄は、今出川通の鴨川を渡ったところにある出町柳(でまちやなぎ)駅から北へと向かう鉄道。途中の宝ケ池駅で分岐し、一方は八瀬比叡山口(やせひえいざんぐち)駅へ、もう一方は鞍馬(くらま)駅へと向かいます。

鞍馬方面へ向かう途中の見どころは何といっても、市原~二ノ瀬駅間にある250mの「もみじのトンネル」ですが、もちろんそれだけではなく、どこを向いても貴船や鞍馬の山々の紅葉は見事です。


きららの車内
大きな窓が特徴の「きらら」
そんな「京の奥座敷」の紅葉を眺めるのにぴったりの電車が、「パノラミック電車・きらら」です。その名の通り、この車両の特徴は車体の上部にまで達する窓。また、片側の座席は窓に向かって座るように配置されています。まさに景色を堪能するために生まれた車両ですね。この車両で「もみじのトンネル」を通れば、その美しさを余すことなく楽しむことができます。

なお全ての列車が「きらら」というわけではありません。「きらら」に乗ってみたい方は、時刻表で確認してみてください。
「きらら」で運行される列車の時刻表(予定)はこちら


もみじのトンネル
もみじのトンネル付近では徐行も
「きらら」以外の列車でも、この「もみじのトンネル」を始め、紅葉が素晴らしい地点にさしかかると電車は徐行あるいは一時停止してくれますので、車内からゆっくり楽しむことができます。

11月5日~23日までは、沿線の貴船神社周辺で「貴船もみじ灯籠」という紅葉をライトアップするイベントが開催されています(日没~21時頃)。これに合わせて叡山電鉄でも先ほどの「もみじのトンネル」がライトアップされるほか、二ノ瀬駅や貴船口(きぶねぐち)駅も幻想的に照らし出され、昼間とはまた違った雰囲気が味わえます。なお、貴船神社方面へは、貴船口駅前から臨時バスが運行されています。

叡山電鉄に乗るには?

きらら
木々に囲まれて走る「きらら」
■京都駅から(1)
JR京都駅の8~10番線から発車する奈良線の快速または普通列車に乗り、次の東福寺(とうふくじ)駅で下車。京阪電鉄に乗り換えて約13分の出町柳駅へ。京阪電鉄の出町柳駅は地下、叡山電鉄の出町柳駅は地上になります。

■京都駅から(2)
京都市営地下鉄京都駅から烏丸(からすま)線で烏丸御池(からすまおいけ)駅へ。地下鉄東西線に乗り換え、三条京阪駅でさらに京阪電鉄に乗り換え、出町柳駅へ。

叡山電鉄沿線を一日ゆっくり回るなら、1日乗車券「えぇきっぷ」がおすすめ。例えば出町柳~鞍馬間を往復するだけなら普通運賃(820円)の方が安いですが、その他に1駅でも途中下車するなら「えぇきっぷ」がお得ですし、いちいち切符を買う手間が省けて便利です。また、「えぇきっぷ」を提示することにより割引などが受けられるお店などもたくさんありますよ。

次のページでは、嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車をご紹介します。

叡山電鉄公式サイト
時刻表などのほか、沿線情報にもリンクしています。

貴船もみじ灯籠ホームページ
詳しい交通アクセスの方法や紅葉情報もあります。

次のページへ>>