機能がたくさんありすぎて、良く分からないブルーレイ・DVDレコーダー。どれを選んで良いか迷ってしまいます。ここでは、使いやすさを優先に女性がブルーレイ・DVDレコーダーを選ぶ際のポイントをご紹介します。
 

これだけ知っていればもう怖くない
女性向け「ブルーレイ・DVDレコーダー」の選び方

ブルーレイ・DVDレコーダー選ぶ時は、その使いやすさや機能が大切。女性にとって使いやすい機能を紹介しながら下記にポイントをまとめてみました。

■オススメ機能
・電子番組表
録画に失敗しないためには番組表を見て予約ができる「電子番組表」に対応したものを選びましょう。電子番組表を見るにはインターネット接続が必要です。

・延長、番組追跡機能
せっかく予約をしたのに、その前の番組が延長して一番大事なラストの部分が録画できていなかった。となってしまっては悲しいですよね。そんなことを防ぐために、延長、番組追跡機能がついてレコーダーを選びましょう。

・携帯電話録画予約
外出先で録画予約を忘れたことに気づいても、携帯電話で予約が出来る機能が付いていれば録り逃しが減ります。

■容量
ドラマなどをたくさん録り溜めておけるので、大容量のものがオススメ。ハイビジョン録画で無い場合は250GB~300GBぐらい、ハイビジョン録画をしたい人は800GB以上を選ぶと良いでしょう。

■どのメディアに書き出しができるか
DVDとDVDの5倍も保存ができるブルーレイディスクがあります。ドラマなどシリーズ的なテレビ番組をたくさん録画したものを長期間保存するならブルーレイディスクに対応したレコーダーがオススメです。

■リモコン
デジタルアイテムの中ではダントツのボタン数を誇るレコーダーのリモコン。でもどれを押して良いか悩んでしまいます。そこでリモコンが「使いやすい」「簡単」「シンプル」をうたい文句にしている機種を選びましょう。

綺麗な画面で見れるハイビジョンは綺麗に残したい旅行番組などを録画する際に最適。またハイビジョン対応テレビにしたらレコーダーもハイビジョン対応のものを選べば、綺麗な状態で保存し再生したときも綺麗です。また地デジチューナーはこれからの時代必須です。
 

ガイドが女性にオススメしたいブルーレイ・DVDレコーダー


・パナソニック DIGA DMR-BW950
GB(ギガ)の約1000倍の単位TB(テラバイト)も録画ができるハイビジョンブルーレイディスクレコーダー。フルハイビジョンで508時間録画できます(※お使いの状況により異なります)。録画した番組をSDカードに書き出し、ビエラ・ワンセグや携帯電話で再生することが可能。インターネットに繋いでおけば携帯からの録画予約が可能。その他留守中の来客を動画で録画できる「ドアホン録画」は一人暮らしの女性にオススメ。
ブルーレイdiga
Panasonic DIGA 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載 ブルーレイディスクレコーダー HDD1TB DMR-BW950(Amazonで価格を調べる


・東芝 VARDIA RD-G503W
「Style-UpRパネル」で着せ替え可能(購入時には2色セット)。限定でデザイナーやブランドとコラボした「Style-UpRパネル」を発売するなど「同じデザインじゃ飽きちゃう」というワガママの女性のニーズも満たしてくれます。シーンごとに着せ替えたり、ファッションとのコーディネートを楽しめます。ノイズキャンキャンセリング機能付きのヘッドフォンも同梱され音にこだわる人も満足できます。
TOSHIBA VARDIA RD-G503W
TOSHIBA VARDIA 地上・BS・110度CSデジタルチューナー搭載ハイビジョンレコーダー HDD500GB RD-G503W(Amazonで価格を調べる


・ソニー BDZ-L95
接続したビデオカメラやデジタルカメラ(互換性のある機種に限ります)から映像や写真をHDDに保存したり、マルチメモリーカードスロットに入れたメモリーカードからダビングすることができます。ソニーのビデオカメラハンディカムならBDZ-L95を通してブルーレイディスクに保存する方法も簡単です。電子番組表からの録画が可能。また録画予約した番組の放送時間がずれても番組名を追いかけて録画する「番組追跡録画」もオススメ。
SONY BDZ-L95
SONY 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー搭載ブルーレイディスクレコーダー HDD500GB BDZ-L95(Amazonで価格を調べる
【関連記事】
DVDプレイヤーおすすめ人気ランキング10選|高画質で映像を楽しむ!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。