モバイル利用には、レシーバーを収納できるモデルがベスト


ノートPC用にワイヤレスマウスを選ぶ際には、レシーバー(ワイヤレスマウスとPC本体を接続する通信部分)がどのような形になっているのかもよくチェックしよう。デスクトップ向けの場合はレシーバーとUSB端子がコードで接続されている据え置き型が多いので、取り回しの良さが重要なノートPCには向かない。

ノートPC用でも、本体にレシーバーを収納できるタイプとそうでないタイプがあるが、持ち運びやすいのは断然収納できるタイプだ。レシーバーを収納すると電源も自動的にオフになるため、電池の持ちがいいのもうれしい。

LE-WMR2WHレシーバー
筆者が愛用するマウス。レシーバーを本体内に収納できて便利だ

ちなみに筆者が愛用しているのは、LOOKEAST(ルックイースト)のワイヤレス光学式マウス「LE-WMR2WH」(既に生産終了)。単4乾電池を利用でき、レシーバーを本体に収納できるのが大きな特徴だ。レシーバーをノートPCのUSB端子に接続すればすぐに使えて、収納もラクラク。電池の持ちの悪さが少し気になるところだが、単4充電池を活用することでその問題は何とかクリアしている。光学式なのでガラステーブルなどの上では使えなくなってしまうが、その場合はマウスパッドの代わりに紙やノートを敷けば問題なし。できればもう少しボタンの多い高機能マウスがほしいところだが、コンパクトで操作もしやすいため使い続けている。

読者の皆さんにも、ぜひ自分が使いやすいマウスを探してみることをオススメしたい。


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。