オススメはワイヤレスレーザーマウス


まず、ワイヤレスマウスと、コードが接続されているワイヤードマウスのどちらがいいのか。筆者は絶対にワイヤレスを推したい。ワイヤードマウスは、マウスの先にあるコードが動作のじゃまになるためだ。例えば喫茶店などでノートPCを利用する場合、小さなテーブルだとコードが垂れ下がってしまうこともある。ポインターを上に動かすのはスムーズなのに、下に動かす時は引っかかってしまうといったことを経験したことのある人も多いのではないだろうか。コードが付いているとマウスポインターの微妙なコントロールがしにくくなってしまうのだ。余計な妨害なしに前後左右自在に動かすためには、何と言ってもワイヤレスがオススメ。

最近の主流は光学式
センサーの最近の主流はボール式(左)ではなく光学式(右)
次にセンサー。以前のマウスはボール式が中心だったが、現在は光学式センサー搭載タイプが主流になっている。ボール式は内部の駆動部分にホコリなどがたまりやすく、定期的なメンテナンスが必要になる。滑りやすい面などでは使いにくいこともあり、最近は赤外線を利用した光学式マウスが主流だ。ただし光学式マウスは光を反射させてセンサーで読み取るため、ガラスなど光を反射しにくい面の上では使いにくいというデメリットもある。そこで最近人気が出てきているのがレーザーマウスだ。光の反射を読み取るのは同じなので「光学式マウス」と呼んでも差し支えないが、一般的に光学式マウスとレーザーマウスは別のものとして扱われている。

レーザーマウスのメリットは光学式マウスに比べて光の波長が短いため、光学式マウスより読み取り精度が高いという点にある。反射しにくいガラスなどの面に弱いことは光学式マウスと同様だが、それでもレーザーマウスの方が読み取り精度がはるかに高い。価格的にもこなれてきているので、数ある中でどれか一つだけというのであれば、「ワイヤレス」かつ「レーザー式」を選ぼう。