往復乗車券を利用すれば乗車券が1割引に!

往復の切符には、”ゆき””かえり”の文字が。また有効期限は営業キロによって違うので注意
賢い購入方法は、「往復とも一緒に手配し往復割引の適用を受ける」でした。実は東京―岡山の乗車券は往復で購入すると往復割引が適用され、往路・復路の乗車券の10%相当の2,100円がお得になります。

帰りの新幹線の特急券は、時間が未定ならとりあえず自由席で購入しておきましょう。乗車時間が決まった段階で差額(指定料金)510円を支払えば指定席へ変更可能です。さて、ここで出てきた往復割引なるサービスを改めて確認しておきましょう。

往復割引とは、営業キロが片道600キロを越える区間を同一経路で往復利用する場合、往路・帰路の乗車券がそれぞれ10%割引になる。

東京から岡山までの営業キロは732.9キロなので上記に該当します。東京―岡山間の新幹線の料金は、

乗車券:10,480円/指定席特急券:6,660円
上記より、片道17,140円、往復で34,280円となります。

往復割引を適用して乗車券を購入すると、乗車券は
10,480円×0.9=9,432円(10円未満端数切り捨てなので)9,430円となり、特急券をあわせて片道16,090円、往復で32,180円、つまり2,100円お得になるというわけ。

ちなみに東京―新大阪間は552.6キロで対象キロ数に届きませんが、例えば新大阪から更にJRを乗り継ぐ場合など、在来線もあわせてトータルで乗車の営業キロが600キロを超えれば、往復割引の対象になります。意外と知られていませんが、途中で下車し再び乗車することも有効期限内なら可能です。(例:新大阪駅で新幹線を下車し、一泊してから目的地へ向うなど。特急券は前途無効です)

「今回はちょっと遠出をするぞ!」という場合は、是非乗車される区間の営業キロをチェックしたり、割引が使えるかどうか手配する際に窓口で確認されることをオススメします。

今回は、東海道新幹線のケースでご説明しましたが、あくまでも適用条件は“営業キロが片道600キロを超え、往復とも同一経路“ということなので、他の新幹線や特急、ならびに特急を利用しない場合も条件を満たせば適用されます。

>>次ページでは購入時にはここに注意!~有効期限がポイント~をお届けします。