イマドキ中高生のカバンの中!『竹下通り』

竹下通り

いつもどこかが工事中の竹下通り。新しいスポットがどんどん出現

さて表参道と平行してJR原宿駅の竹下口からまっすぐ伸びている商店街が『竹下通り』です。全長400mの短い通りなのですが、20代後半以上の方なら1回通ることでそのエネルギーにノックアウトされること間違いなし!中高生のパワーが爆発している、ティーンエイジャーのためのストリートです。

CUTE CUBE HARAJUKU

2013年に9月にオープンした『CUTE CUBE HARAJUKU』

道の両側に並ぶのはこぢんまりとしたスペースの店舗。今をときめくアイドルの生写真、ドでかいヘアアクセサリー、とんでもなく派手な色合いのファッションアイテムなどなど、イマドキ中高生の必須アイテムを扱う店がずらりと並んでいます。小規模なお店が多いなか通りの中ほどには、地下1階地上3階の低層ビルにティーンの心を掴むショップをぎっしり詰め込んだ『SoLaDo』『CUTE CUBE HARAJUKU』もあるので、どのお店に入ったらいいか迷ったらまず覗いてみてはいかがでしょうか?制服姿の修学旅行生が寄り添うように歩いているのも竹下通りならでは。そしてお店のスタッフが中高生とタメ語で話している光景、これもまた“THE竹下通り”です。

エンジェルスハート

竹下通りのソウルフード・クレープの老舗『エンジェルスハート』

さて竹下通りらしさを存分に味わうといえばやはりクレープでしょう。これは竹下通りをタレントショップが埋め尽くしていた80年代から変わりません。通りにはいくつかのクレープショップがありますが、1977年、竹下通りで初めてクレープを販売した『エンジェルスハート』にはいつでも列ができています。メニューにはクレープの中にチーズケーキやミルフィーユが丸ごと入っている超ボリューミーなものも……仰天です……。クレープショップの前で立ちながら食べる若さと度胸がある方は、ぜひトライしてみてください。

次のページでは、ファストファッション・パンケーキ・プチプラ雑貨激戦区をご紹介