マネーtips!お金持ちになるための365日

特別支給の老齢厚生年金10万円の64歳男性「生命保険の掛け金を個人年金に充てておけば」と後悔が絶えない理由

老後の心配事といえば、やはりお金。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All Aboutが実施したアンケート調査から、新潟県在住64歳男性のケースを紹介します。

あるじゃん 編集部

執筆者:あるじゃん 編集部

  • Comment Page Icon
金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。もっと出世しておけばよかったと現役時代に後悔を持つ人もいるようです。

現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All Aboutが実施したアンケート調査から、新潟県在住64歳男性のケースをご紹介します。

回答者プロフィール

運転手
回答者本人:64歳男性
同居家族構成:本人、妻(63歳)
居住地:新潟県
リタイア前の雇用形態:正社員
リタイア前の年収:700万円
現在の貯蓄額:預貯金約2000万円、リスク資産約2000万円
現役時代に加入していた公的年金の種類と加入年数:厚生年金42年

現在受給している年金額(月額)

老齢基礎年金(国民年金):なし
老齢厚生年金(厚生年金):10万円(特別支給の老齢厚生年金)
障害基礎年金や障害厚生年金(障害年金):なし
遺族基礎年金や遺族厚生年金(遺族年金):なし
その他(企業年金や個人年金保険など):個人年金5万円

配偶者の年金や収入:年金30万円(年額)

「生活費は年金で賄えそうだが、大病をしたら……」

現在の年金額について満足しているか、の問いに「どちらでもない」と回答した今回の投稿者。

その理由として「現在は老齢厚生年金の特別支給分のため少ないが、65歳から満額(16万円)の支給が見込め、かつ妻の年金も満額支給(7万円)となるため、特に生活に支障はないと思われる」と語っています。

ただ「大病をした時や入院生活が長引いた時の生活が心配である」と不測の事態への不安はぬぐえない様子。

ひと月の支出は約「15万円」。年金だけでは「年の半分くらい足りない月がある」と回答されています。

「生命保険の掛け金を個人年金に充てていたらと後悔」

現在はアルバイトとして「介護施設の運転手を週2日」勤めているという投稿者。年金で足りない支出については「個人年金(5万円)とアルバイト(5万円)で補填している」と言います。

約4000万円の資産に加え、老齢年金以外の収入源もしっかり確保している投稿者ですが、現役時代に「もっとこうしておけばよかった」という後悔も。

「若い時から生命保険に加入していたが、その補償のグレードを高く設定していたため月々の保険料が高額だったことが悔やまれる。生命保険の掛け金を抑えて、その分で個人(年金)保険の積み立て金を増やしておけばよかった」と悔しさをにじませます。

「節約は苦というより年金生活の楽しみになっている」

年金生活では節約に心掛けているそうで、「食料品はスーパーの特売時にまとめ買いするようにし、食事のメニューは備蓄している食材を無駄なく利用して組み立てるようにしている」とか。

ただ節約のために我慢するのではなく、むしろ「贅沢や無駄を極力抑えて生活することがごく当たり前になって、それが苦にならずに楽しみにもなっているような気がする」と語られていました。

※皆さんの年金エピソードを募集中です。エピソードの採用で3000円分のAmazonギフト券をもれなくプレゼント。応募はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーー
※カッコ内の回答者コメントは原文ママです
※エピソードは投稿者の当時のものです。現在とはサービスや金額などの情報が異なることがございます
※投稿エピソードのため、内容の正確性を保証するものではございません
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/4/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます