PC周辺機器

世界初の“固体電池”ポータブル電源!「B2000 SST」 は災害時の給電&EV充電におすすめ

ポータブル電源は、災害でも家電に給電できるため注目されています。この記事では、固体電池を搭載したポータブル電源「B2000 SST」を紹介します。

伊藤 浩一

執筆者:伊藤 浩一

スマートフォンガイド

固体電池を採用したポータブル電源「B2000 SST」

固体電池を採用したポータブル電源「B2000 SST」

ポータブル電源は災害時でも家電に給電できるため、防災グッズとしても注目されています。

ヨシノパワージャパン(YOSHINO)は2023年11月、バッテリーに固体電池を採用したポータブル電源をリリースしました。
 
<目次>
 

ポータブル電源とは

ポータブル電源とは、大容量バッテリーを搭載した、高出力で給電できるバッテリー機器のこと。大型のポータブル電源があれば、日常的に使う家電はほぼ全て動かすことができます。災害などで停電した場合、ポータブル電源があれば安心です。
 

次世代電池として注目の「固体電池」

大容量バッテリーに使われる電池にはさまざまな種類がありますが、中でも注目されているのが「固体電池」です。従来のバッテリーに比べて安全性が高く、劣化しにくいのが特徴で、超急速充電にも対応しています。

特に固体の電解質のみを使用した「全固体電池」は、電気自動車のバッテリーに利用できれば充電速度が大幅に改善されるため、実用化に期待が寄せられています。
 

固体電池を搭載した「B2000 SST」

そんな固体電池を搭載したポータブル電源4種が、ヨシノパワージャパンより世界で初めて発売されました。ラインナップの中から今回は「B2000 SST」をお借りしましたので紹介します。
前面ポート

前面ポート

B2000 SSTは、大容量、大出力なポータブル電源のため、多くの家電を動かすことができます。仕様は、バッテリー容量が1326Wh、定格出力が2000W、出力ポートが11ポート(AC電源:4ポート、DC電源:2ポート、USB-A:2ポート、USB-C:2ポート、ワイヤレス充電:1ポート)、充電方法が3種類(ACアダプター、シガーソケット、ソーラーパネル)となっています。
背面ポート

背面ポート

超急速充電技術により、ACアダプターなら45分で80%まで、ソーラーパネルなら2.5時間で80%まで充電可能です。また、-20℃程度から60℃程度までの広い温度範囲に対応しているほか、放充電を4000回繰り返しても容量の80%を維持する耐久性があります。
 

B2000 SSTで電気自動車を充電してみた

B2000 SSTで電気自動車の日産サクラを充電してみました。電気自動車を充電するには高出力が必要ですが、B2000 SSTで問題なく充電できました。

B2000 SSTがフル充電の状態で充電を開始したところ、66分でサクラのバッテリーに4%程度充電できました。電気自動車のバッテリーが切れた際の予備電池として有効と言えるでしょう。
日産サクラを充電

日産サクラを充電している様子

ポータブル電源は、災害時やキャンプでの給電のほか、電気自動車のバックアップ電源としても使えるなど、幅広く活躍します。

特に、安全性が高く、超急速充電に対応した固体電池を搭載したB2000 SSTは活用しやすいモデルです。

【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気の PC 周辺機器を見るAmazon で人気の PC 周辺機器を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます