マネーtips!お金持ちになるための365日

貯蓄2000万円の62歳女性、公務員勤めだったが、大部分の年金がまだもらえず……

老後の心配事といえば、やはりお金。現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部が実施したアンケート調査から、大分県在住62歳女性のケースを紹介します。

あるじゃん 編集部

執筆者:あるじゃん 編集部

  • Comment Page Icon
62歳女性に聞いた、年金暮らしのリアル

62歳女性に聞いた、年金暮らしのリアル(画像はイメージ)

金融庁の報告書に端を発して話題となった「老後2000万円問題」など、老後の心配事といえばやはりお金ではないでしょうか。受給開始年齢に不満を持っている人もいるようです。

現役時代にいくら稼ぎ、貯蓄をしておけば安心した暮らしができるのか。All About編集部が実施したアンケート調査から、大分県在住62歳女性のケースを紹介します。

回答者の情報

こちらの女性は、既婚で子どもあり。現役時代のピーク年収は680万円で、現在の貯蓄額は2000万円。62歳時点の年金額(老齢基礎年金や老齢厚生年金などの合計)は月2800円で、その額には「満足していない」と回答しています。

「62歳から受給開始年齢のはずだったのに……」

この女性は、年金額に満足していない理由について、「62歳から受給開始年齢のはずなのに、公務員年金が厚生年金と一本化の影響で、大部分の年金がまだ受給できていない」という点を挙げています。
 
「厚生年金に一本化されたのだから、決められた通り62歳から受給できないのは理不尽すぎます。誰が何を根拠に決めたのか説明してください」と、怒りをあらわにしていました。

「もっと自分の時間を持ち、自分磨きをしていれば良かった」

現在の生活について「主人から生活費をもらって暮らしていますが、小遣いはないので、ポイ活をするのが、細やかな楽しみです」と語る女性。

現役時代の後悔について伺うと「給料のほとんどは、住宅ローン返済と子どもの学費に使いました。もっと自分の時間を持ち、自分磨きをしていれば良かったです」と、貯めておけばよかったというより、自分に使ってこなかったことを悔いているようでした。

「夫が仕事を辞めたらのんびり日本一周したい」

現在の年金暮らしで工夫している節約術があるか伺うと「チラシを見て、少しでも安いスーパーに自転車で行っています。自分の物は化粧品、洋服などの1年購入せず、持っている物を使い切るようにしています。退職後今は時間があるので、自分でできることは何でも自分でしています。庭の草取りは暑くなる前、5時から始めます。おもちゃ、子ども服、お返しでいただいた陶器やタオル等リサイクルしています」とのこと。

今後については「わずかな年金以外収入は激減しましたが、何物にも変えられない余裕のある時間が持てているので、天気の良い日は焚火でご飯を炊き、魚を焼き、味噌汁も作っています。夫が仕事を辞めたら2人で時間に縛られず、のんびり日本一周したいと話しています。終活に向けて断捨離を継続して、豊かな時間と空間の中で暮らしたいです」と語ってくれました。

※回答者のコメントは原文ママです
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます