全国おすすめ車窓ベストポイント

和歌山県を走る紀勢本線は海がふんだんに見える車窓が展開する。特急「オーシャンアロー」の先頭車(グリーン車)は恰好の展望席となっている

和歌山県を走る紀勢本線は海がふんだんに見える車窓が展開する。特急「オーシャンアロー」の先頭車(グリーン車)は恰好の展望席となっている

鉄道旅行の楽しみの一つは、まずなんと言っても車窓からの風景にある。ここでは、一度見たらいつまでも心に残る名スポットを紹介しよう。

「今は山中、今は浜」と唱歌に歌われたように、わが国の鉄道の車窓は変化に富んでいる。思わず見とれてしまうビューポイントは数多いが、これはと思われるオススメ路線(区間)を選んで、ご案内してみたい。
まずは、全国のオススメ車窓を北から順番に紹介していこう。

北海道の車窓から

車窓から牧場が見える
日高本線の車窓からは馬がのんびりたむろする牧場が頻繁に流れ過ぎる。いかにも北海道らしい情景だ
北海道には絶景が数多くあり、数を絞ってチョイスするなど不可能に近いのだが、さいはての情景というポイントから選んでみよう。

利尻島
稚内到着が近づくと海の向こうには利尻の勇姿が見えてくる
まずは、最北端の駅・稚内へ向かう宗谷本線がベストだ。とりわけ、稚内へ到着する直前、抜海~南稚内間で列車が日本海に躍り出て、海の向こうに端麗な利尻島が見える瞬間が忘れられない。孤立した絶海の孤島に聳える富士山型の山容が眼前に現れるシーン。これを眺めてから最北端の駅に降り立つと感慨もひとしおだ。


別寒辺牛湿原
厚岸を過ぎると車窓右側に別寒辺牛湿原の風景が展開する
北海道は最東端の地もある。根室へ向かう根室本線は釧路までは特急「スーパーおおぞら」が走る幹線だが、その先は、たった1両のディーゼルカーが走る閑散としたローカル線に変容する。牧草地が多く、ヨーロッパ的な風景だ。最初のハイライトは別寒辺牛(べかんべうし)湿原。沼と緑の配置が美しい。根室に近づくと、霧が多く幻想的な原生林の中を行く。遠くに断崖絶壁の太平洋が見えると、最果ての地を走っている物寂しい気持ちに襲われる。