今こそ100均の豆苗プランターで豆苗栽培!

100均の豆苗プランターでプチ節約

豆苗プランターはダイソーやセリアでも販売されています

野菜や食材の値上げが家計を圧迫しつつあるこの頃。とはいえ節約を意識しすぎると疲れてしまいますよね。まずは誰にでもできて、楽しみながらできる節約ライフを始めてみませんか。そこでおすすめなのが、100均の豆苗プランターを使った豆苗栽培です。
 

価格変動が少なく栄養豊富! 家計の味方「豆苗」

100均の豆苗プランターでプチ節約

袋に入った豆苗がすっぽり入るサイズです

豆苗はえんどう豆(グリーンピース)の若菜のこと。βカロテンやビタミンC・E、食物繊維が豊富で、栄養豊富なのにリーズナブルな価格が嬉しい緑黄色野菜です。何より価格変動が少なくて、季節を問わず手に入るのが嬉しいですね。

豆苗は再収穫できるのはご存知だと思いますが、100均グッズを使うともっと楽しく簡単に栽培することができますよ。
 

100均で購入、その名も「豆苗プランター」

100均の豆苗プランターでプチ節約

水換えが簡単にできる仕組みが嬉しいですね

100均のキッチン用品のコーナーに販売されている「豆苗プランター」。筆者はダイソーとセリアの両方で目にすることができました(価格は110円)。販売されている豆苗のサイズや深さにぴったりなので、省スペースで栽培することができます。

ポイントは持ち手が付いているザル。片手でも簡単に水替えができるようになっているので、栽培時のストレスがぐっと減ると思います。
 

1週間ほどで、もう1度収穫できる

100均の豆苗プランターでプチ節約

買ってきてすぐの収穫前の豆苗

こちらは買ってきてすぐの豆苗なのでびっしりと芽が生えています。食べる前に根元を残して切り、水で洗って調理をします。脇芽を2個残して切ると育ちやすくなりますよ。

残った根は豆の下くらいまで水を入れて、日のあたる室内に置いてあげましょう。あとは1日1~2回水を替えるだけで、1週間から10日ほどでもう1度収穫できるほどに豆苗が育ちます。

ただし何度も収穫できるわけではなく、計2回の収穫が限度のようです(2回目は成長が遅く茎も細い印象)。それでもかなりコスパが良い野菜だと言えますね。

100均の豆苗プランターでプチ節約

カットした後、1週間育てた豆苗がこちら。そろそろもう1度収穫できます

 

実はどんな料理にも合いやすい野菜

100均の豆苗プランターでプチ節約

サラダでも炒めても美味しい豆苗。和洋中なんでも合いやすい味です

豆苗はアクが少なくシャキシャキとした食感なので、サラダにして生のまま食べることもできます。少し甘みがあるので、サラダでも食べやすい野菜です。

ただ独特の香りがあるので、それが苦手な方は炒めたりスープに入れるのがおすすめです。野菜が苦手というお子さんには、味の濃いレシピに細かく刻んで入れるといいかもしれません。
 

豆苗の栽培以外にも使える

100均の豆苗プランターでプチ節約

豆苗栽培をしない間も、野菜の水洗いなどに使えます

豆苗プランターという名前ですが、もちろんそれ以外の用途でも使えるのでご安心を。栽培していない時は、野菜やフルーツの水洗いやアク抜きなどにも使えます。ザルに持ち手がついているので、水切りがとても簡単です。
 

食育にもつながる豆苗栽培

豆苗は日に日に大きく育つので、毎朝成長を見るのが楽しみになってきます。食育のひとつとして、お子さんと一緒に育てるのもいいかもしれないですね。誰でも気軽に栽培できるので、プチ節約を楽しみながら、豆苗との生活も楽しんでみてください。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。