初夏に気を付けたい! NGコーデとOKコーデのポイントは

ついつい見落としがち……!NGコーデとOKコーデのポイントは

ついつい見落としがち……! NGコーデとOKコーデのポイントは

気温が上がり、夏の気配も感じられるような初夏のシーズン。この時期についついやってしまいがちな大人のNGコーデと、それらを避けるOKコーデについてご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね!
 

初夏コーデで大人が気を付けたいNGポイント3つ

1. 軽やかな「春夏スカート」なのに、逆にどっしり腰に?
2. トレンドの「イージーパンツ」、なぜかパジャマっぽい?
3. 一見涼しげ…なのに、実は暑くて着られない服!?
 

NGコーデ1. 軽やかな「春夏スカート」なのに、逆にどっしり腰に?

春夏シーズンに多い「総ゴム仕立てのスカート」はラクチンな一方で、ゴム部分が細かったり、柔らかくて軽い生地のせいでウエストが盛り上がり、腰が「どっしり」と見えてしまうことも。

■OKコーデにするなら

【OKコーデ】腰まわりがきれいに見えるすっきりとした春夏スカートを選んで 出典:WEAR

【OKコーデ】腰まわりがきれいに見えるすっきりとした春夏スカートを選んで 出典:WEAR

何より、まずは腰まわりがすっきり、きれいに見えるスカートを選ぶこと。フロント部分はすっきり、サイドにジッパーが付いていて後ろだけゴム仕様になっているなど、総ゴムでなくてもはき心地がラクなボトムスがプチプラでも多く出ているので、妥協せずにこだわりたいポイントです。

この春夏は特にシンプルなワンツーコーデが増えるので、シルエットの見え方は重要です。
 

NGコーデ2. トレンドの「イージーパンツ」、なぜかパジャマっぽい?

今年のトレンドでもある「イージーパンツ」は、はき心地もラクチンなのが嬉しいポイントですが、グレー系などのカラーはパジャマのように見えてしまうことも。

■OKコーデにするなら
【OKコーデ】トレンドのビビッドカラーならパジャマに見えにくいのも◎ 出典:WEAR

【OKコーデ】トレンドのビビッドカラーならパジャマに見えにくくて◎ 出典:WEAR

「イージーパンツ」のようなカジュアルな旬アイテムを大人の女性がおしゃれに着るには、カラー選びに気を付けましょう。

写真のような鮮やかなブルーは今年のトレンドカラーですし、他にも鮮やかなグリーンやピンクも一押し。メリハリが利いたカラーなら部屋着風に見えてしまう心配もなく、今年らしさを楽しめます。
 

NGコーデ3. 一見涼しげ……なのに、実は暑くて着られない服!?

薄手のとろみブラウスや、透け感のあるシアーシャツ、首の詰まったノースリーブ、揺れ感のあるボトムスなど、一見涼しげなアイテムも、素材がポリエステルやナイロンの場合、蒸れてしまったり、汗をかいてもそのままで不快に感じがちです。

■OKコーデにするなら
【OKコーデ】シンプルな長袖シャツも、薄手のリネン素材なら夏でも着られて優秀 出典:WEAR

【OKコーデ】シンプルな長袖シャツも、薄手のリネン素材なら夏でも着られて優秀 出典:WEAR

初夏以降は、「高温多湿な日本でも快適に着られるかどうか」の素材選びも重要なポイント。例えば長袖のシャツでも、写真のようなリネン素材なら吸湿性があるので汗を吸ってくれて、通気性も高いため心地よく着られます。

また、ゆったりしていて揺れ感がある涼しげなワイドパンツやロングスカートも実は要注意。化学繊維系の素材だと風を通さないため汗をかきやすかったり、真夏には汗で脚に張り付いてしまうというケースも。ボトムスの場合は特に見落としやすいのですが、表地だけではなく裏地の素材も注意が必要です。

なるべくコットン系やレーヨン系の素材を選んだり、速乾性や吸湿性がある、通気性が高い、と明記されている高機能アイテムを上手に取り入れるのもおすすめです。

「ああ、これやってるかも!」というNG項目があれば、ぜひOKコーデのポイントを試してみてくださいね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。