老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、年金をもらいながらアルバイトをしている人の確定申告についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:年金をもらいながら、月収10万円のアルバイト。確定申告は必要?

「年金をもらっていて、月額は約10万円、年間で120万円。去年1年間、月収10万円のアルバイトをやりました。年収は120万円ぐらい。確定申告は必要?」(60歳・匿名希望)
年金をもらいながらアルバイトをしている場合、確定申告は必要?

年金をもらいながらアルバイトをしている場合、確定申告は必要?

 

A:確定申告が必要となります

老齢年金をもらいながら、アルバイトをしている場合は、確定申告が必要か、必要でないかを判断する必要があります。

老齢年金額が年間400万円以下の人は、そもそも確定申告不要となっています。さらに、年金以外の、アルバイトなどの所得が年間20万円以下の人も確定申告は不要です。所得が20万円以下というのは、年収にすると75万円以下(20万円+給与所得控除55万円)となります。年金が400万円以下であっても、アルバイト年収が75万円を超える場合に確定申告が必要となります。

相談者は、老齢年金は120万円、アルバイト年収は120万円なので、確定申告をする必要があるということになります。


※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/6/1~2022/6/30まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。