老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、65歳から70歳まで厚生年金に加入した場合、70歳以降、年金をいくらもらえるのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:給料は平均で月17万円。65歳から70歳まで、厚生年金に加入したとして、受取額はどれくらいになりますか?

「現在65歳。介護夜勤の仕事をパートでしています。配偶者あり、両親2人扶養ありです。社会保険に加入しており、給料は平均で月17万円ほどです。70歳まで厚生年金に加入したとして、受取額はどれくらいでしょうか? 現在、国民年金は月5万7000円ほど受給しております。よろしくお願いいたします」(匿名希望)

 
年金の受取額はいくらになる?

年金の受取額はいくらになる?

 

A:70歳以降、老齢厚生年金が年額約5万5906円(月額4659円)増加し、月額約6万1659円の年金を受け取ることができるでしょう

相談者が65歳から70歳まで、月給17万円、賞与なしで5年間厚生年金に加入したとして、70歳以降の老齢厚生年金を計算します。

17万円(65歳以降の標準報酬月額)×5.481/1000×60カ月=年5万5906円(月4659円)

このように、年5万5906円(月4659円)が受け取れることがわかります。65歳以降の厚生年金期間は、老齢厚生年金として年金額に反映されます。老齢基礎年金(国民年金)の額は物価・賃金スライドによる金額変更を除き、原則そのままです。

相談者は70歳以降、老齢厚生年金(厚生年金)と老齢基礎年金(国民年金)を合わせて月額約6万1659円(厚生年金:月4659円+国民年金:月5万7000円)に、65歳以前に厚生年金加入歴があれば、その分の老齢厚生年金を加えた額を受け取ることができるでしょう。


※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。