老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、年金生活と保険料についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:月1万円の保険料が高額です

「私は68歳で、業務委託で仕事をして収入が月10万円、年金は月8万円です。夫婦でガン保険や共済等に入っていて、保険料は月1万円以上かかっています。高いですか? 貯金が少ないので保険に入っているのですが……」(68歳・フリーランス)
 
保険料が負担になっています

保険料が負担になっています

 

A:生活費を圧迫しているのであれば、必要保障額と加入している保険の保障を見直しましょう

保険に加入する必要がある人とは、万が一の時に、貯金などで賄うことができない人になります。貯蓄が少ない人ほど、病気やもしも亡くなってしまった場合に遺族の生活保障を保険で用意する必要があります。

「貯金は三角、保険は四角」といわれることがあります。お金が貯まるまでには時間がかかります。極端ではありますが、保険金の支払い条件を満たすと、加入して間もない期間でも保険金が支払われます。万が一の事態はいつ起きるか予測がつきませんので、保険に加入することで、お金が貯まるよりも早く保険金を受け取れることもあります。

ただし貯金の使い道は自由ですが、保険は、保険金が支払われることが起きないと保険料を出費しただけで終わります。相談者にとって、月1万円以上の保険料が本当に必要なのか、きちんと見直す必要があります。昔から加入したまま、必要でない保障があるかもしれません。

相談者は毎月の収入が18万円とのこと、毎月1万円の保険料の負担が重く、生活費を圧迫しているとのことであれば、本当に今の保障が必要であるか、現在の貯金額なども考慮して保険を見直す必要があると思います。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 
監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
老後に備える生命保険はどう考えればいい?
年金だけで生活が苦しい時、どうすればいい? 生活保護は受けられる?
老後の生活が厳しくなる制度改革が行われている!
 

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。