老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、50代のうちにやっておきたい老後の家計管理についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:50代からやっておきたい家計のことって

「60代になったら、できるだけ年金だけで生活したいのですが、50代のうちに見直したほうがいい家計のことってありますか?」(会社員・59歳)
 
50代にやっておいてほしい家計のこと

50代にやっておいてほしい家計のこと

 

A:家計を小さくしておきましょう

まずは年金生活になった時、どんな生活をしていくかをイメージすることが大事です。50代から生活費や暮らしのダウンサイジングに取り組み、定年後の暮らしに向けた計画をしていきましょう。

生活費を削減するうえで一番大切なことは、お金の使い方に優先順位をつけて、何に使ったかわからないお金(使途不明金)をなくすことです。使途不明金を見つけだすためには家計簿が効果的。ただ収支の記録をつけるだけではダメで、定期的に見直さなければ意味がありません。

100均などで買ったノートに手書きしていくのもよいですし、スマートフォンの家計簿アプリなどであればカメラでレシートを読み込むことで手軽に家計簿がつけられます。いらない支出をあぶりだすと、貯金も増え、気持ちもすっきりして生活が楽しくなります。

また、あらかじめ「今月は10万円で生活してみよう」といったように、予算の中でやりくりすることもオススメです。私はこのやり方で、意外とムダな出費があることに気付くことがありました。できれば、週に1日はお金を使わない「ノーマネーデー」を作ることも家計を小さくすることに役立ちました。

その他にも、家の中に何があるのか把握して、新しいものを買わずに生活する方法があります。昔買ったものが、収納の奥に新品同様で眠っているかもしれません。買取店にもっていけば、お小遣いになることもあります。

家計の見直しで一番有効なのは何といっても固定費の削減です。通信費・スマホ代は、格安SIMへ乗り換えも検討しましょう。また、子どもが独立したのに多額の死亡保険に入っているなど、無駄な保険料を支払ってることがありますので保険は真っ先に見直してみてください。

住宅ローンがある場合は、年金生活に入る前に、可能であれば繰り上げ返済や借り換えを検討して、無理のない範囲で完済する努力をしてみましょう。ただ、貯金がなくなってしまい不安になる人もいるので、自分はどうしたらいいのかを慎重に考えてみてください。

持ち家であれば、長い老後のために、リフォーム費用も用意することになります。賃貸であれば、家賃の支払いが続きますので、収入に応じて住み替えをしながらダウンサイジングしていきましょう。

車にかけるお金は、あまり乗る機会が少なければ、必要な時にカーシェア等を利用することも選択の一つと思います。

最後に、今まで、どう生活したら幸せを感じたかを振り返ってみることも大事でしょう。お金をかけなくても、楽しく生きていくことが大事だからです。また、年金生活になったら、身体に負担にならない程度の収入を得ることは大事です。資格が必要であれば、50代のうちから、資格取得のために勉強することもいいかもしれません。

※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 
監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。