老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、年収300万円の人が将来もらえる年金額です。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:年収300万円の人は、将来年金をいくらもらえる?

「ずっと年収300万円だったら、将来の年金はいくらぐらいになるのですか?」(会社員)
 
年収300万円だったら将来もらえる年金額はいくら?

年収300万円だったら将来もらえる年金額はいくら?

 

A:65歳から、年額143万8566円(月額は約11万9881円)受け取ることができます

厚生年金の加入期間がある人は、原則65歳になると老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金を受け取ることができます。年収300万円の会社員の人は、厚生年金の加入者となります。老齢基礎年金は、収入額は無関係なので、未納期間や免除や免除期間が全くないのであれば、満額の78万900円(令和3年度)受け取れます。

今回は、例として年収300万円の会社員として、以下のような人を設定して考えてみます。

2021年(令和3年)現在30歳、1991年(平成3年)生まれのAさんとし、22歳から60歳まで(38年間)、年収300万円(ボーナスなし、標準報酬額25万円)で、38年(456カ月)間、厚生年金に加入した場合で計算します。

国民年金は20歳から加入し、満額78万900円(令和3年度)受け取れるとします。老齢厚生年金の受給額を計算するには、平成15年(2003年)3月までと平成15年4月以降では、計算式が違いますが、相談者が会社に入社した年は平成25年(2013年)となりますので、平成15年4月以降の計算式のみ用います。

Aさんの年金加入歴は以下の通りとします。
20歳(2011年)以降22歳(2013年)未満:国民年金に加入(2年間:24カ月)
22歳(2013年)以降60歳(2041年)未満:厚生年金加入(38年間:456カ月)

【1】老齢厚生年金(報酬比例部分)の計算式
平均標準報酬額×5.769/1000×平成15年4月以降の厚生年金加入期間
※乗率は、昭和21年4月2日以降生まれに適用。平均標準報酬額とは、各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額のことです。

Aさんの年金額を計算してみます。

【1】老齢厚生年金の報酬比例部分:25万円×5.769/1000×456カ月=65万7666円
【2】老齢基礎年金:78万900円/年
【3】【1】老齢厚生年金65万7666円+【2】老齢基礎年金78万900円=143万8566円/年


38年間、ずっと年収300万円の厚生年金加入者の人は、65歳からおよそ年額143万8566円(月額約11万9881円)受け取ることができます。

また、令和3年現在、厚生年金の加入期間が20年以上あると、要件を満たす配偶者がいる場合に配偶者加給年金額が上乗せしてもらえます。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
年収400万円の人は、将来年金をいくらもらえる?
年収200万円の人は、将来年金をいくらもらえる?
年収100万円の人は、将来年金をいくらもらえる?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※2022/8/1~2022/8/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。