老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、年収100万円の人は将来、年金をいくらもらえるのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:ずっと年収100万円の人が将来もらえる年金額は?

「年収100万円ほどの人は、将来年金をいくらもらえますか? 」(アルバイト・20代)
 
年収100万円だと将来もらえる年金額はいくら?

年収100万円だと将来もらえる年金額はいくら?

 

A:国民年金の未納期間や免除期間が全くない場合は、年額78万900円(令和3年度)受け取れます

公的年金には、受給資格を満たすと、自営業者、会社員、公務員と職種を問わず受け取れる老齢基礎年金と、会社員、公務員等、厚生年金に加入していた人が受け取れる老齢厚生年金があります。

相談者のようにアルバイトで働いている人でも、一定基準を満たして働くと、厚生年金に加入することができ、老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金も受け取ることができます。厚生年金に加入するためには、賃金(月額8万8000円以上)、労働時間(週の労働時間20時間以上)、勤務期間(1年以上が見込まれること)、という要件があり、学生は除外されます。

その他、会社の従業員数が500人超で働いている人が加入できます。2022年(令和4年)10月に100人超規模、2024年(令和6年)10月に50人超規模と徐々に加入できる範囲が増えるようになります。勤務期間の要件も、現行では1年以上とされていますが、フルタイムの人同様に2カ月超になります。年収100万円の人は、およそ月額8万3000円の賃金となりますので、厚生年金に加入できず、老齢基礎年金のみとなります。

国民年金の加入期間(20歳以上60歳未満)40年間(480カ月)、全く未納期間や免除期間がない人は、満額の老齢基礎年金は78万900円(令和3年度満額)が受け取れます。相談者は、今後、月額5000円以上賃金を増やすことができれば、厚生年金に加入できる可能性もあります。

厚生年金に加入すると、厚生年金保険料を負担しなければならないので、手取り金額が少なくなりますが、厚生年金保険料は会社が半分負担してくれますし、将来受け取れる年金も多くなります。障害年金や遺族年金についても、厚生年金加入にはメリットがありますので、これからの働き方について検討してみましょう。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
年金を月20万円もらえる人は、現役時代にどのぐらいの収入がある人ですか?
年金を月30万円をもらうには、現役時代にどのぐらいの収入が必要?
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。