脚が短く見える!? フラットシューズのNGコーデは

楽チンだけど組み合わせに気を付けたい、フラット靴のNGコーデをチェック

楽チンだけど組み合わせに気を付けたい、フラットシューズのNGコーデをチェック

40代女性の毎日に欠かせない「フラットシューズ」。昔はヒール派だったという人も、ライフスタイルの変化もあり、今はほぼペタンコのフラットシューズで過ごしているという人も多いのではないでしょうか。ですが、重ね着することも増える秋冬コーデでは、フラットシューズを履いたときに脚が短く見えるなど、スタイルが悪く見えてしまうことも。40代女性が避けたいNGコーデについて、お伝えします。
 

1. ワイドパンツ&甲にボリュームのあるシューズはNG

【OKコーデ】ワイドパンツには、甲の部分が少し出るようなフラットシューズがバランスよし 出典:WEAR

【OKコーデ】ワイドパンツには、甲の部分が少し出るようなフラットシューズがバランスよし 出典:WEAR

脚の太さなどのライン自体は隠せるけど、スリムやテーパードシルエットと比べると、脚の長さが短く見えやすいのがワイドパンツ。そこにシューズまでボリュームがあると、ソールがフラットな分、上からのトップスの長さに挟まれて、脚の部分がさらに短く見えがちです。

ワイドパンツの時は、シューズ自体にあまり高さがなくさらっと馴染むデザインがおすすめ。バレエシューズやフラットパンプスなど、写真のような甲の部分が少し出るようなデザインだと、抜け感も出てバランスよくまとまります。
 

2. ボトムスと色のコントラストが強いとマイナスに

【OKコーデ】ボトムスとシューズの色を揃えると、フラット靴でも脚長効果がアップ 出典:WEAR

【OKコーデ】ボトムスとシューズの色を揃えると、フラット靴でも脚長効果がアップ 出典:WEAR

ウエストマークのトップスや、センタープレス入りのパンツなど、全体のシルエットを計算した上で、足元に差し色を持ってくるのはOK。ですが、何気なく合わせた時にボトムスとフラットシューズの色のコントラストが強すぎる場合、足元の主張が強すぎて、バランスの悪いコーデになってしまうケースもあります。

フラットシューズコーデで簡単にスタイルアップして見せるには、写真のようにパンツの色とシューズを似たカラーでまとめること。下半身から足先まですらっとつながっているように見えるので、脚長効果もアップします。
 

3. スニーカーの甲に裾が乗ってしまう、たるむ長さはNG

【OKコーデ】カジュアルに見えやすいスニーカーコーデは裾が甲に乗ってたるむものは避けて 出典:WEAR

【OKコーデ】カジュアルに見えやすいスニーカーコーデは裾が甲に乗ってたるむものは避けて 出典:WEAR

カジュアルに見えやすいスニーカーコーデにパンツを合わせる時は、裾の長さに要注意。スニーカーの甲にパンツの裾が乗ってたるんでしまうものは、カジュアル度が強く幼い印象になり、また脚も短く見えやすいです。

そんな時には写真のように、裾のラインまできれいに出るような、たるまない長さのパンツを組み合わせるのが◎。チノパンツやデニムなど、カジュアルなパンツ&スニーカーの組み合わせでもすっきりした印象に。
 

4. ゆったりコーデでは色がバラバラだと幼く見えるかも

【OKコーデ】秋冬に多いゆったりコーデの時は、足元も馴染む色味がおすすめ 出典:WEAR

【OKコーデ】秋冬に多いゆったりコーデの時は、足元も馴染む色味がおすすめ 出典:WEAR

40代女性の秋冬コーデにも多いゆったりコーデ。今年は特にオーバーサイズもトレンドなので、上下ともにゆったりしたサイズ感のものを合わせるコーデも人気です。

ですが、このゆったりコーデにフラットシューズを合わせる場合、コーデの色使いによっては、若い子のストリートファッションのような幼い印象に見えることも。

大人のゆったりコーデにフラットシューズを合わせる時は、配色はワントーンや2色以内など、あまり色がバラバラにならないようにまとめると、大人のおしゃれ感もキープしたまま、フラットシューズコーデが楽しめます。

大人のフラットシューズコーデ、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。