老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、独身の子どもと同居している親は、子どもが死亡した場合、遺族年金を受け取れるのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:独身の子どもと同居しています。子どもが死亡したら遺族年金をもらえますか?

「私は老齢基礎年金のみ受給している元自営業の70代、子どもは会社員で50代。子どもが万一、亡くなってしまった場合は、私は遺族年金を受け取ることができるんでしょうか? 生活費は二人で出し合っています」(相談者)
 

A:親は遺族厚生年金を受け取れます

遺族年金は、亡くなった人が加入していた年金制度によって、遺族基礎年金と遺族厚生年金の2種類に分かれています。

遺族基礎年金を受け取れる人は、子ども(18歳になった年度の3月31日までにある子、20歳未満で障害等級1級または2級の障害状態にある子)のいる配偶者とその子どもが該当しますので、相談者のケースでは受け取れません。

遺族厚生年金は、死亡当時、生計維持関係(同居している等、前年の収入が850万円未満であること)にあった、配偶者、子、父母、祖父母、孫が受け取ることができます。夫、父母、祖父母 は、 死亡当時55歳以上であることが要件で、受給開始は60歳から。夫は遺族基礎年金を受給中の場合に限って、60歳より前でも遺族厚生年金を併せて受け取ることができます。兄弟姉妹は受け取れません。

遺族厚生年金は、受け取れる人に優先順位があり、最も優先順位の高い人のみが遺族厚生年金が受け取れ、他の人は受け取ることができません。優先順位は、妻、子、夫に続いて父母となりますので、相談者の場合も、親として受け取ることができます。

また亡くなった人には一定の保険料の納付要件があり、以下の3つすべてを満たすことが必要です。

【1】死亡日の前日において、保険料納付済期間が、国民年金加入期間の3分の2以上あること【2】65歳未満であれば、死亡日の前日において、死亡日が含まれる月の前々月までの直近1年間に保険料の未納がないこと(令和8年3月末までの死亡について)
【3】保険料納付済期間、保険料免除期間などを合算した受給資格期間が25年以上ある

支給される遺族厚生年金額は、死亡した人の老齢厚生年金の報酬比例部分の4分の3の額となります。会社員の子ども(独身)が先に亡くなった場合、受給要件を満たせば、親は遺族厚生年金を受け取ることができ、親の老後の生活の支えになると思います。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。