台湾の朝ごはん

台湾の朝ごはん、鹹豆漿(シェンドウジャン)

​​​​​​台湾は朝ごはんの種類が豊富な国です。お粥から麺、ハンバーガーや小籠包までさまざまな朝ごはんメニューがある中でも、伝統的に親しまれているのがこの鹹豆漿(シェンドウジャン)。豆乳を使ったさっぱりしたスープ料理で、まさに台湾人のソウルフードと言えます。

手が込んでいそうに見えますが、実は簡単。台湾料理研究家の筆者が、本場の鹹豆漿(シェンドウジャン)の作り方を伝授します。
 

鹹豆漿(シェンドウジャン)の材料/2人分

無調整豆乳……2カップ
ザーサイ……15g
桜エビ……大さじ1
ワケギか九条ネギ(小口切り)……大さじ1.5
ゴマ油……小さじ1
醤油……大さじ1
お酢……大さじ1
塩……2つまみ(ひとつまみ=親指、人差し指、中指の3つの指で取った量)
ラー油……小さじ1/2(お好みで)
 

鹹豆漿(シェンドウジャン)の作り方

 
1. ザーサイは3ミリ幅の細切り、桜エビは5ミリ程度、ワケギは小口切りにする
鹹豆漿のレシピ

鹹豆漿の作り方1. 材料を切る


2. フライパンにゴマ油を入れて、桜エビを炒め、次にザーサイを加えて炒める
鹹豆漿のレシピ

鹹豆漿の作り方2. 桜エビとザーサイを炒める


3. 【2】と分葱(ワケギ)、塩、醤油、お酢をお椀に入れる
鹹豆漿のレシピ

鹹豆漿の作り方3. 材料と調味料をお椀に入れる

今回は2人分ということで、二等分にします。

4. 豆乳をテフロン加工の鍋やフライパンに入れて加熱し、沸騰直前で火を止める
鹹豆漿のレシピ

鹹豆漿の作り方4. 豆乳を温める

こがさないように注意しましょう。

5. 【3】に【4】の豆乳を半分ずつ注いででき上がり
鹹豆漿のレシピ

鹹豆漿の作り方5. 温めた豆乳を注ぐ

分葱(ワケギ)の小口切り(分量外)を散らすと彩りが良くなります。

6. 食べるときは、お好みでラー油を回しかける
鹹豆漿のレシピ

鹹豆漿の作り方6. 食べるときにラー油を回しかける

台湾では、ここに油條(ヨウティヤオ)という揚げパンのようなものを加えるのも定番です。それを再現するには車麩をカリッと揚げてから入れるといいでしょう。
 
鹹豆漿のレシピ

台湾の油條(ヨウティヤオ)を再現し、揚げた車麩を入れるのもおすすめ


パクチーをのせるお店もありますよ。
鹹豆漿のレシピ

パクチーをのせれば彩り&風味アップ!


豆乳がお酢の力で柔らかく固まっているので、さっぱりしながらも満足感があるのがうれしい鹹豆漿(シェンドウジャン)。台湾の定番朝ごはんで、元気に朝を迎えましょう!
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。