老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、減額された分の年金がどうなるかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:60代前半で減額になった年金は65歳以降に加算されますか?

「60歳から年金をもらっていましたが、お給料が少し多くて減額になりました。減額になった分は65歳以降に加算されますか?」(相談者)
 

A:減額された年金額が将来、加算されることはありません

結論から言ってしまうと、減額された年金が将来加算されることはありません。70歳未満の人が会社で勤務して厚生年金保険に加入した場合や、70歳以上の人が厚生年金保険の適用事業所で働いた場合には、老齢厚生年金の金額と給与や賞与の額(総報酬月額相当額)に応じて、年金の一部または全額が支給停止となる場合があります。これを在職老齢年金といいます。

相談者の年金額が減額された理由は、この在職老齢年金制度によるものです。支給停止となる金額は、65歳未満の人と65歳以上の人では異なります。65歳未満の人が、厚生年金の被保険者である場合には、給与等(総報酬月額相当額)と老齢厚生年金の毎月の年金額の合計が28万円を超えなければ、年金は減らされることがなく全額受給できます。

28万円を超えると、給与等や毎月の年金額に応じた計算式で計算され、毎月の年金額が一部減額されることや、全額受給できなくなります。この支給停止になった年金は、65歳以降、その後も加算されることはありません。この在職老齢年金制度は、令和4年4月(2022年4月)から見直しされます。

65歳未満の人を対象とした年金の支給が停止される基準が、28万円から47万円に緩和され、28万円を超えても47万円を超えなければ、年金が支給停止されることはなくなります。65歳以上の在職老齢年金制度については、現行の47万円のままで、変更されません。65歳未満の人が、働きながら特別支給の老齢厚生年金を受給できる場合、毎月の年金額を全額受け取れる人が、増えることになります。


※専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
年金の実際の手取り額はどうやって調べたらよいでしょうか?
令和3年度に加給年金はいくらもらえる?
妻が65歳になったら、夫は加給年金をもらえなくなるのですか?
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。