古い携帯電話やスマートフォンを処分したいけれど、普通のゴミとして捨てていいのかよく分からない、という人は意外と多いと思います。不要になったスマートフォンを正しく、安全に処分する方法について解説しましょう。
 

スマートフォンの正しい捨て方は?

スマートフォンや携帯電話、モバイルルーターなどのモバイル通信機器は、ここ最近性能が大幅に向上したり、値段が高くなったりしたこともあって、以前と比べれば買い替える頻度が減少したという人も多いかと思います。ただそれでも、買い替えによって手元に使わなくなった古い機器がいくつか残っている……という人は少なくないのではないでしょうか。

確かに、長年使っていたスマートフォンは、愛着があるから手放したくないという人も多いかもしれません。ですが実は、そもそもどうやって携帯電話を捨てたらいいのかわからず、そのまま放置してしまっているという人も意外といるのではないでしょうか。

確かに携帯電話やスマートフォンなどは「小型家電」に分類され、自治体にもよりますが基本的には家庭用ごみとして処分できないものとされています。なぜなら小型家電には金や銀などの金属、そして中には「レアメタル」と呼ばれる貴重な資源が多く使われているからで、実際東京五輪で選手に渡されたメダルには、使用済みの小型家電からリサイクルした金・銀・銅が使われています。

そこで2013年には小型家電から貴重な資源をリサイクルするため「小型家電リサイクル法」が施行されており、スマートフォンなどもその対象となることから、処分するにはリサイクルのため回収してもらう必要があるのです。問題はどこで回収してくれるのかということですが、スマートフォンなどの場合、その方法は大きく2つ存在します。

1. 自治体に回収してもらう
1つはお住まいの自治体で回収してもらう方法です。回収方法は自治体によって異なるのですが、主なものの1つとしては専用の回収ボックスに機器を持っていく方法があります。こうしたボックスは役所などの公共施設に設置されていることが多いようなので、各自治体のWebサイトなどで調べてみてください。

また自治体によっては、資源ごみの回収などと同じ形で回収してくれるケースや、小型家電を回収するイベントで回収するケース、回収したごみの中から選別してくれるので、そのまま燃やせないごみなどとして出してよいケースなどもあるようです。あくまで回収方法は自治体によって異なることから、お住まいの自治体のWebサイトなどで確認してみることをおすすめします。
スマートフォンの捨て方

画像は政府広報オンラインのWebサイトより。自治体での回収方法は専用の回収ボックスに持ち込む、イベントで回収するなど、住んでいる自治体によって異なっている


2. 携帯電話ショップで回収してもらう
そしてもう1つは、携帯電話ショップに持ち込む方法です。実は携帯電話やスマートフォンなどの場合、近くの携帯電話ショップに持ち込むことでも回収してくれるのです。

端末の回収はNTTドコモ、au、ソフトバンク、そして楽天モバイルのショップでも受け付けており、いずれもショップと同じ会社・ブランドの端末だけでなく、他社から販売された端末であっても回収してくれます。それゆえドコモショップにauで購入したスマートフォンを持ち込んでも構わないのです。
スマートフォンの捨て方

auは昔の携帯電話から思い出の写真などを取り出し、不要な場合は処分もしてくれる「おもいでケータイ再起動」というイベントを不定期で実施。こうしたイベントに参加して処分するのも手だ

回収された端末はリサイクル業者に送られて破砕した後、リサイクルされることとなりますが、それでも端末内のデータはあらかじめ消去した上で回収してもらった方が安心です。ちなみに一部ショップでは、古い携帯電話などバッテリーを取り外せる機種の場合、端末をその場で破砕してくれるサービスも実施しているようです。
スマートフォンの捨て方

バッテリーが外せるタイプの端末であれば、その場で破砕してくれる場合もある

 

新しめの機種なら中古買取も検討の余地あり

古い携帯電話のリサイクルにかかる回収費用は無料なので、処分するのにお金を払う必要はありません。ですが比較的新しい機種であれば、捨てるよりも中古ショップに買い取ってもらうことで、お金にするという手もあります。

端末の買取価格は機種やショップ、買い取ってもらう時期によって変化しますが、年数が経つほど買取価格が下がり、古すぎる機種は買い取ってもらえない場合もあることから、買い取りを選ぶならなるべく早めの方がよいでしょう。

中古として売却するとなると個人情報の扱いなどが一層気になるかと思いますが、最近では一般社団法人の「リユースモバイル・ジャパン」が設けた審査基準をクリアした事業者に認定マークを与えるなど、業界内で安心・安全を担保する取り組みも進んでいます。そうした情報を参考にして買い取ってもらう事業者を選べば、安心感も高いのではないでしょうか。


【おすすめ記事】
スマホのバッテリーを長持ちさせる充電方法とは? 発熱・発火事故も心配…
「テザリング」とは? iPhone/Androidでの使い方を分かりやすく解説!
ahamoなどで使えないキャリアメール、どうする? おすすめの代替策は
1台のスマホで2枚のSIMが使える「デュアルSIM」のメリットと注意点

 

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。