大人っぽくハーフパンツをはくには?

WEAR

今夏、トライしたいハーフパンツ

今季、トレンドに挙がっているのが「ハーフパンツ」。はいていて涼しいので、夏にぴったりのアイテムです。おうち時間が増えた今、スカートのように気を使わなくて済むし、何よりラクチンなのが嬉しい。ただ、大人女性の中には「子どもっぽくならない?」といった心配の声も聞かれます。

今回は、そんな大人女性におすすめの、子どもっぽくならないハーフパンツの選び方と着こなし術を4つご紹介! 早速、みていきましょう。
 

1. きれいめ素材や、センタープレス入りで大人っぽく

WEAR

出典:WEAR

ハーフパンツは、チノといったカジュアル素材だと幼く見えてしまいがち。大人女性にぴったりなのは艶感や光沢のあるきれいめ素材のものや、センタープレス入りのタイプ。アイテム選びに気を付けるだけで、子どもっぽくなりがちなハーフパンツがエレガントに映ります。

こちらは、とろみのあるツイル生地で、女性らしくはけるハーフパンツ。ダブルタック入りのものを選べば、ウエスト部分や腰まわりにゆとりが生まれ、快適なはき心地です。バックウエスト部分がゴム仕様になったものなら、ラクチンでストレスフリーに過ごせます。すっきりとしたシルエットのものなら、キレイめにもカジュアルにも使えますよ。
 

2. セットアップで着用して、今っぽい印象に

WEAR

出典:WEAR

引き続き人気を集めているのが「セットアップ」。セットアップとは、トップスとボトムスがお揃いになっている洋服のこと。同色・同素材で作られている統一感のあるタイプと、全く異なる色や素材が組み合わされているタイプの2種類があります。カジュアルからキレイめまで、さまざまなシーンで活躍してくれる頼れるアイテムです。

忙しい朝に、着るだけでコーデが決まる上、簡単におしゃれ見えが叶うので、大人女性にぴったり。上下揃えて着用するのもいいですが、それぞれ単体でも使用できるので、様々な着こなし方が楽しめる点も◎。

こちらは、夏にぴったりなハーフパンツとハーフスリーブのジャケットのセットアップを主役にしたコーデ。子どもっぽくなりがちなハーフパンツも、ジャケットと合わせることで、大人っぽく着用可能です。足元にはスニーカーではなく、ヒールのあるストラップサンダルを投入すれば、エレガントなコーデが完成します。
 

3. シャツ合わせできちんと感をプラス

WEAR

出典:WEAR

リネン混の清涼感のある素材感に、ストレスフリーなウエストゴム仕様の、夏にぴったりなハーフパンツ。合わせやすいシンプルで端正なデザインのパンツには、Tシャツではなく、画像のように白シャツを投入すると、きちんと感がプラスされて、大人女性にぴったり。シャツは前後差のある丈なので、コーデに適度なこなれ感を演出してくれます。ショート丈のボトムスともバランスがとりやすいのでおすすめ。

パンソン柄の巾着バッグや、チャンキーヒールのストラップサンダルなど、大人っぽい小物を投入することで、ハーフパンツコーデの洗練見えが叶っています。
 

4. 甘ブラウスを投入して、脱カジュアル

WEAR

出典:WEAR

カジュアルになりがちなハーフパンツには、画像のようにボリューム感が目を引くペザントブラウスを投入すると適度な甘さが加味されて、子どもっぽさを回避できます。

ペザントブラウスのペザントとは、英語で「農民」という意味で、ヨーロッパの農民の服装をイメージさせる素朴で民族的なアイテム。襟元や袖にたっぷりとギャザーを入れ、ふっくらと立体感を出しています。ともすれば、大人女性には甘くなりすぎますが、グリーンカラーを選ぶことで、大人っぽく着こなすことが可能です。

以上、子どもっぽくならないハーフパンツの選び方と着こなし術を4つご紹介しました。ぜひ、この夏ハーフパンツにトライしてみてはいかがでしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。