All Aboutマネーチャンネルで公開している家計簿・家計管理ガイドの山口京子さんと、元プロ棋士で個人投資家の桐谷広人さんとの特別対談「コロナ禍のステイホームで買いたい優待銘柄」から、桐谷さんのこれからの資産や優待株で楽しく生きる老後についてお届けします!

桐谷広人:1949年広島県出身、将棋棋士・投資家。日本テレビ系のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で現金を使わず、株主優待のみで生活をする姿が話題になった。現在はテレビ、雑誌、書籍などで幅広く活躍。『桐谷さんの株主優待のススメ』など著書多数。

山口京子:1966年名古屋出身、ファイナンシャルプランナー。All About家計簿・家計管理ガイド。大学在学中からテレビ・ラジオに出演。卒業後はフリーアナウンサーに。お金好きが高じてファイナンシャルプランナーの資格取得。テレビ、ラジオ、セミナーで活動中。『なまけものが得をする ワンコインつみたて投資術』など著書多数。
 

カタログギフトがもらえるおすすめの優待銘柄

桐谷:カタログをくれる企業で利回りが高い企業があります。例えば、VTホールディングス<7593>という企業がありまして、これは今1株400円ほどなんですけども、1000株持つと、5000円のカタログギフトがもらえます。これがすごく分厚い本で来まして、けっこういろいろな物が選べます。

食品でいいのは、KDDI<9433>がけっこう人気ですね。これは今買うと100株で35万円くらいしますが、配当も3%以上ありますし、3000円の食品のカタログが優待になります。さらに、5年以上持つと5000円にグレードアップするという。各地の名産品から選ぶことができておすすめです。

山口:配当と優待で利回り4%ぐらいですか?

桐谷:もちろん4%以上はありますね。

あとはエクセディ<7278>とか……これは今高くなっているかな。株価というのは常に変動します。最近、日経平均株価が3万円くらいになったりと、急激に上がっているときは、利回りが4%もない銘柄もあったりしますね。

日本管財<9728>という企業も、年に2回優待がもらえまして、小冊子の2000円のカタログです。これは20万円くらいで株主になれて、品物はそんなに多くないんですが、年に2回もらえるというのはいいですね。

あと、ベネッセホールディングス<9783>もいいですね。ベネッセホールディングスは何年か前に不祥事で(株価が)下がったんですけど、年2回カタログギフトがもらえて、利回りも結構高いです。

このように、ネットから選んだり、分厚い本から選んだり、小冊子から選んだり、あるいは1枚の紙に8つの選択肢がある中から選んだり……商品を選べる系の優待がある企業は数百社程度あると思うので、巣ごもりにとっては非常にいいですね。

今回の内容を含めた全編は桐谷さんと山口さんの対談の模様はこちらからご覧いただけます!


チャンネル登録と高評価を是非お願いします。

5月7日(金)20時より桐谷さんと山口さんのスペシャル対談をライブ配信!
桐谷さんがあなたの質問に答えます。
桐谷さんに質問をする


※記事の情報は取材日(2021年4月6日)時点の情報になります ※記事の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性、利用者にとっての有用性を保証するものではありません。当社及び関係者は一切の責任を負わないものとします。投資判断はご自身の責任でお願いします

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。