ユニクロ×イネスコラボ2021年春夏の新作が登場!

2021年春夏のユニクロ×イネスコラボで欲しいのは大人可愛いこの3つ!

2021年春夏のユニクロ×イネスコラボで欲しいのは大人可愛いこの3つ!

2021年春夏のユニクロとイネス・ド・ラ・フレサンジュのコラボレーションアイテムが2021年2月11日(木)より発売に! 今回はその中で40代女性におすすめの、パリシックで大人可愛い3点をご紹介します。家の中でも外でも着られて気分が上がる春夏の新作、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

1. 目を惹く変形ボーダーが可愛い3Dボーダーセーター

ユニクロ 3Dボーダーセーター 3990円(税抜)

ユニクロ 3Dボーダーセーター 3990円(税抜)

一部が丸くなっている変形ボーダーのラインがおしゃれな「3Dボーダーセーター」。ボーダーは老若男女問わず着られるため、ユニセックスでカジュアルな雰囲気が強いですよね。ですがこちらのボーダーは丸みがあったり、ラインの色が切り替わっていたりとパリシックな大人可愛さが楽しめるアイテム。2020秋冬コレクションでも発表されていて、大人気だったデザインなので、今季は売り切れ前にチェックするのがおすすめです。

素材は綿100%。コットンニットのサラリとした着心地で、素肌に着ても気持ちがよく、家の中でも外でもついヘビロテしてしまいそう。

また、無裁断で一着を丸ごと編み上げるホールガーメントの3Dニットなので、ボーダーのつなぎ目がきれいなのも◎。縫い目もなく、引っかかりがないためストレスフリーな着心地が楽しめます。

カラバリは全部で2色。写真は白ベースに赤と紺のラインが入ったオフホワイト。そしてもうひとつは紺ベースに白とイエローのラインが入ったネイビーが揃っています。3990円で手に入る、主役級の春ニットです。
 

2. スカート見えして上品にはけるレーヨンスカートパンツ

ユニクロ レーヨンスカートパンツ 3990円(税抜)

ユニクロ レーヨンスカートパンツ 3990円(税抜)

スカート感覚ではけるけれど、実はパンツになっている優れもの! 「レーヨンスカートパンツ」は、大人の女性がおしゃれ着としてはもちろん、動きやすいワンマイルウエアとしても使える便利なボトムスです。

こちらはスカート見えするパンツのデザインが特徴的。まず、フロントにボックスタックという太めのタックが入っていて、裾幅も広くなっていることで、脚のラインを拾わず、スカート感覚でエレガントにはくことができます。

ふくらはぎが隠れる長めのレングスで、サイドはファスナーになっているため、きれいめ見えするのも高ポイント。はいた時の落ち感がきれいなレーヨンクレープ素材を使用していて、楽チンなはき心地ながらカジュアルすぎず、上品に着られるところが40代の女性向けです。

また、不規則なドットのような細かな柄もパリシックらしい大人可愛さが感じられ、注目したいポイント。無地見えするような控えめな柄の入り方なので、リラックスしながらほんのり甘さも楽しめる、一押しボトムスです。
 

3. シワ加工で気軽に着られる! シフォンツイストプリーツワンピース

ユニクロ シフォンツイストプリーツワンピース 4990円(税抜)

ユニクロ シフォンツイストプリーツワンピース 4990円(税抜)

これ一枚で春のおしゃれが完成する「シフォンツイストプリーツワンピース」。なかなかお出かけするシーンがなく、積極的におしゃれする場面が少ない今ですが、そんな中でも、この「シフォンツイストプリーツワンピース」は家の中でも外でもOKで、着まわしがきくワンピースで「買い」なんです。具体的なおすすめポイントは3つ!

1つ目は、ベースの軽やかなシフォン素材にツイストプリーツ加工がプラスされていること。もともとシワ加工が施されているため、立ったり動いたりしてもシワが気にならず、気兼ねなく着られてお手入れも楽チン。

そして2つ目にはフィットしすぎず、程よく体に沿うつくりになっているので、締め付け感がなく、長時間でもストレスを感じずに着られること。

3つ目に、フロント部分をボタンで留める仕様になっていて、前をすべて開けられるので羽織りとしても使えること。ワンピースとして着る以外にも、デニムなどのパンツスタイルに羽織ったり、似た長さのワンピースに羽織ってジレ風に着ることもできます。

ユニクロ×イネスの春の新作、ぜひチェックしてみてくださいね!


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。