太って見えやすい! 40代が避けたい夏~秋の要注意コーデ

ついついやりがちな大人カジュアルコーデで太って見えがちなのは!?

ついついやりがちな大人カジュアルコーデで太って見えがちなのは!?

今回は、40代の女性が着やすく、人気の組み合わせですが、実は太って見えることも多いコーデについてご紹介します。特に夏から秋の時期はまだ薄着のシーズンが続くので、アイテムの選び方によっては、体が大きく見えたりメリハリがないように見えてしまう時期。ついやりがちなコーデと、その対処法についてもお伝えしていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

ユニセックスなボーダーTシャツにワイドパンツのコーデ

同じボーダーもふんわりギャザーに変えるだけでおしゃれ度もアップ 出典:WEAR

同じボーダーでもふんわりギャザーに変えるだけでおしゃれ度もアップ 出典:WEAR

困ったときに手が伸びがちな「ボーダーTシャツ」。Tシャツ一枚でもサマになるので、コーデに取り入れる人も多いアイテムです。

このボーダーの半そでTシャツにワイドパンツという組み合わせは、ママコーデとしても人気で、40代の女性のカジュアルコーデにかなり多く見られます。楽チンですし着心地もよく動きやすいのでついつい着てしまいますよね。

でも、ボーターの半そでTシャツはカジュアル感が強い&横幅を強調しやすいアイテム。またワイドパンツも、筒が太い分フラットシューズでは足が短く見えることもあったりと、実はそれぞれ単品でも「ほっそり見せる」のが難しいんです。そのため、この2つの組合わせだとメリハリがつけにくく、どっしりして見えてしまうかも……。

ボーダーTを着たい時は、男女OKのゆったりしたシンプルな半そでではなく、二の腕をほっそり見せるフレンチスリーブや、ウエストが少しでも絞られているもの、ピッチが細めなものなど、カジュアルすぎないデザインがおすすめ。

そしてそこにカジュアルなワイドパンツではなく、きれいめなテーパードパンツや写真のようなロングスカートを合わせると、それだけでもほっそり見え、おしゃれ度もアップします。
 

コントラストの強い配色や色使いがバラバラなコーデ

全身を似たトーンのカラーでまとめたニュアンスコーデですっきり 出典:WEAR

全身を似たトーンのカラーでまとめたニュアンスコーデですっきり 出典:WEAR

トップスが白または黒でボトムスがきれい色というコントラストの強いコーデや、バッグやシューズなどの小物を含め、全身にいろんな色が少しずつ使われている場合など、配色に統一感がないとどうしてもごちゃっとして見えますし、あちこちに目がいってしまうため、あまりすっきり見えず、体が大きく見えてしまうことも……。

特にトップス&ボトムスの境目で、色の違いがくっきり出てしまうと、足の長さやお腹まわりなども一緒に強調されてしまいます。

着やせ効果が欲しい時は全身を同系色で揃えて、ワントーンにまとめるのが簡単でおすすめです。バッグとシューズも色を揃えると、より馴染みがよくなり、すっきり見える手助けをしてくれます。
 

楽チンパンツに普通のTシャツを合わせたコーデ

秋色やVネックなどトップスにシャープな部分があればゆったりパンツもおしゃれ見え 出典:WEAR

秋色やVネックなどトップスにシャープな部分があればゆったりパンツもおしゃれ見え 出典:WEAR

リネン素材などのゆったりした楽チンパンツ。猛暑の時は着心地も通気性もいいので、特に重宝しますよね。

でも、ここにごくシンプルなTシャツを合わせてしまうと、途端に気の抜けたコーデに見えてしまいがち。どちらも無難なシルエットなので、組み合わせると全体的にもったり、ルーズに見えて、体も丸く見えてしまうかも……。

ゆったりパンツには、引き締め効果のあるトップスを合わせるとほっそり見えし、おしゃれ度もアップします。

色々と重ねるにはまだ暑い時期なので、まずは夏色のTシャツを写真のような秋色に変えるのがおすすめ。オレンジや赤味がかかったような色味や、グリーン系、ブラウン系、マスタードのようなイエロー系もおすすめです。

そしてごく普通のTシャツではなく、Vネックやデザインの入ったカットソーなどに変えると、フェイスラインもはっきりして、シャープさもアップ。野暮ったくなるのを防げます。
 

体のラインをすっぽり覆うようなゆったりコーデ

例え飾りや、軽いゴムウエストでも、腰の位置が分かるとぐっとスタイルがよく見えます 出典:WEAR

軽いゴムウエストや飾りで、腰の位置が分かるとぐっとスタイルがよく見えます 出典:WEAR

体型を隠したい!と思うと、どうしても袖や丈は長めに、身頃はゆったり、色も濃くなり……と全体的に重くなりがち。特に夏から秋のコーデはまだ暑く、重ね着ではなく単品で着るワンツーコーデがほとんどなので、「全体的に隠している、覆っている」という感じが目立ってしまい、たっぷりとした生地感が余計体を大きく見せてしまうことも。

40代の女性からは、見せて着やせするテクニックはトライしにくいので、やはり隠すほうが安心、という声も聞かれます。

そんな時は、まずウエストの位置だけでも分かるようにしてみてください。たとえ写真のように、二の腕や脚のラインがすっぽり隠せてしまうアイテムでも、腰の位置にギャザーが入っているだけでもOK。ブラウスやTシャツなどでも、ウエストまたは少し上の位置が絞られていたりするだけで、メリハリがつき、スタイルをよく見せてくれます。

ぜひトライしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。