Tシャツが「体操服」にならない! おしゃれに仕上がるコツは

Tシャツを大人がおしゃれに着るために意識したいポイントは?

Tシャツを大人がおしゃれに着るために意識したいポイントは?

肌触りがよく、着ていて楽なTシャツは、この時期欠かせないアイテムですよね。ですがカジュアルさゆえ、大人になってあまり似合わなくなった、いまいちおしゃれに見えないという声も聞かれます。今回は大人の女性向けの、今年おすすめしたいおしゃれなTシャツコーデのコツをご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね!
 

ニュアンスカラーTは今っぽさも抜群

ニュアンスのあるマイルドなカーキでおしゃれ度アップ 出典:WEAR

ニュアンスのあるマイルドなカーキでおしゃれ度アップ 出典:WEAR

Tシャツといえば白や黒が思い浮かびますが、今年おすすめなのはニュアンスカラーのTシャツです。少しくすんだトーンや、色が混ざり合った中間色のようなトーンは今っぽさもありながらコーデの幅を広げてくれるので大人のTシャツコーデにぴったり。特に今年は白やグレー、ベージュなどのベーシックカラーだけではなく、ライトグリーンや柔らかいカーキ、くすんだブルーやピンクブラウン、淡いオレンジなど、ニュアンスカラーがとにかく豊富。

カラーものだけど、淡く発色の柔らかいTシャツは、それ一枚で今年らしくなれるので、一押しです。
 

Tシャツ素材でデザイン入りのものは使いやすい

洗濯しやすいTシャツ素材で変形デザイン入りのものは使いやすいです 出典:WEAR

洗濯しやすいTシャツ素材で変形デザイン入りのものは使いやすいです 出典:WEAR

今年増えているのが、Tシャツの素材のまま、どこかにデザインを入れたような変形Tシャツです。胸の下にギャザーの切り替えが入っていたり、袖が短めで裾はゆるっと長めにカットソーのようになっているもの、T型ブラウスのように身体の泳ぐゆとりがあるものなど、様々なデザインが出ています。

ベーシックなTシャツよりは少しサイズ感にゆとりがあり、アレンジが入る分、丈も長めになっていることが多いので、ヒップやお腹まわりを自然に隠すことができるなど、大人の女性が取り入れやすいアイテムでもあります。

シンプルなコーデでもこだわって見えますし、素材がカジュアルな分お値段も手ごろなものが多いので、狙い目です!
 

幼く見えがちな白Tには女性らしさをプラス

白のTシャツに派手過ぎないロゴ入りのものも使えます 出典:WEAR

タイトスカートやパイソン柄で大人の女性らしさをプラス 出典:WEAR

白T&デニムのコーデは定番ですが、アクティブでフレッシュな印象が強いことから、40代の女性には少し子供っぽく見えてしまうことも。

そんな時は白Tに、女性らしさを多く取り入れたアイテムを合わせてバランスを取るのがおすすめです。パンツよりはスカート、スニーカーよりはサンダル、キャンバスやナイロンの大きめバッグよりはレザーの小さめバッグなど。

また、光沢感をプラスしてくれるアクセサリーも効果アリ。女性らしさを意識してコーデを組み立てると、しっくりくるバランスに仕上がります。
 

モノトーンなど色使いを抑えたコーデを

白Tにダークブラウンのパンツでカジュアル度をやわらげて 出典:WEAR

白Tにダークブラウンのパンツでカジュアル度をやわらげて 出典:WEAR

Tシャツは単体でもカジュアルなイメージが強いですよね。大人の女性にちょうどよく仕上げるには、ベースになる色を2色程度に収めるのが、すっきり見えますし簡単でおすすめです。モノトーンでまとめたり、黒に近いダークグレー、ダークブラウンのボトムスを合わせると、引き締まって見えつつ洗練された、大人カジュアルに仕上がります。

また、小物はその時のコーデのグラデーションの中のカラーなど、主張しすぎず馴染みのいいカラーでまとめるのが◎。
 

きれい色のスカートでカジュアル感をやわらげて

きれい色のスカートはTシャツとの相性も◎ 出典:WEAR

きれい色のスカートはTシャツとの相性も抜群 出典:WEAR

夏はきれい色のスカートがたくさん出ていますよね。これらも大人のTシャツコーデに相性のいいアイテムです。特に今年はゆるっとしたオーバーサイズのTシャツがトレンドでもあるので、ロングスカートにさらっと重ねても今っぽい雰囲気に仕上がります。

真っ白なジャストサイズのTシャツをきれい色のスカートにインする着こなしは、若い子ともかぶりやすく、パキッとコントラストの強い色味が子供っぽく見えてしまうことも。クリーム色やライトグレー、サンドベージュなど少しニュアンスのある色を選ぶのがおすすめです。

おしゃれ見えするTシャツコーデのコツ、ぜひチェックしてみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。