40代以上に似合うボーダーの条件とは?

WEAR

40代以上がボーダートップスを選ぶ際、気をつけたいポイントとは?

カジュアルコーデの定番アイテムである「ボーダー」。実は、ピッチの太さや身頃の幅、カラー使いなどで印象が変わってしまう難しい柄でもあります。カジュアルスタイルが好きでボーダーを常日頃から愛用していた人でも、40代になると「なんだかボーダーが似合わない……」と感じることも。普遍的な柄だからこそ、自分に合うボーダーを知っておく必要があります。

今回は、40代以上に似合うボーダーの選び方を3つご紹介! 早速、みていきましょう。
 

1. ボーダー幅が狭いものを選ぶと、大人っぽく決まる!

WEAR

出典:WEAR

ボーダーの幅が太いデザインのものは、カジュアル感がアップしたり、ややモード感が強くなりがち。大人女性に似合うのは細いピッチのボーダーです。太いボーダーと比べて、ボーダーが細いタイプは主張が強すぎないので、洗練された印象を醸し出してくれます。また、細いタイプのものは、太いボーダーものより細見え効果も期待できるので、体型が気になる大人女性におすすめ。気をつけたいのはボーダーの間隔です。間隔が広いものは間延びして、着膨れして見えがちなので、間隔が狭いものを選ぶのが正解です。

こちらは、しっかりとした生地で、ロングシーズン着回せる細めピッチのボーダーロングTシャツ。程よく落ちた肩のラインが、ゆるっとした女性らしいシルエットを作ってくれます。絶妙な襟ぐりのカットがデコルテを綺麗に見せてくれ、インナーをチラ見せして楽しむこともできます。カーキのテーパードパンツを合わせれば、大人カジュアルコーデの完成。
 

2. ダークカラー地のボーダーで、引き締め効果を!

WEAR

出典:WEAR

大人女性がボーダーコーデを成功に導くカギは、色選びにあります。例えば、定番のシンプルな
ブラック地×ホワイトボーダーは大人っぽく着用できて、オンの日にもぴったり。今季注目を集めているジャケットをさらりと羽織れば、こなれ感のある大人カジュアルスタイルを作ることができます。

大人女性からの支持率が高いのが、ネイビーのボーダートップス。ブラックよりも柔らかい印象で、春カラーのボトムスとも相性抜群! ブラウンのボーダートップスは、いつものデニムコーデでもこなれ感を演出できて、今っぽく映ります。

また、地がダークカラーのものを選べば、いつものボーダーも、大人っぽく決まります。引き締め効果も期待できるので、大人世代におすすめです。

レッドやピンクといった明るいカラーのボーダーは、子供っぽくなりがちなので、大人女性は避ける方が無難かもしれません。どうしてもそれらのカラーを着たい場合は、大人っぽい印象になる、くすみカラーを選んで。

こちらは、ドロップショルダーデザインで、ゆとりのあるボディラインを演出してくれるボーダートップス。ブラック地にホワイトのボーダー柄なので、落ち着いた印象です。そこに、ふんわりとナチュラルなフレアラインが女性らしいスカートを合わせて、エレガントに。
 

3. 体のラインを拾わないボーダーが正解

WEAR

出典:WEAR

毎年同じように見えるボーダートップスですが、ピッチ幅や首元の開き具合、シルエットなどはトレンドに合わせて更新されています。体型が気になる大人世代がボーダーを選ぶなら、少しゆったりとしたものや、厚手のものといった、体のラインを拾いすぎないタイプがおすすめ。また、首元が少し開いたタイプだと、程よく大人女性の色香を演出することが可能です。

こちらは、ドロップショルダーでこなれ感を演出してくれる、リラクシーなワイドシルエットのボーダートップス。ワイドタイプは今っぽく、また体のラインを拾わない点も、体型が気になる大人世代に嬉しいポイントです。ホワイトスカートやレザーバッグ、スクエアパンプスといったきちんと感のあるアイテムと合わせることで、カジュアルな印象のボーダートップスが、キレイめに映っています。

以上、40代以上に似合うボーダーの選び方を3つご紹介しました。これを参考に、この春ボーダートップスをコーデに投入してみてくださいね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。