からすみ

湯川秀樹や川端康成ら文化人にも愛されたという


仕事柄、夜な夜な洋酒を嗜むことが多いのですが、実は縁あって跡を継ぎ、酒屋の経営もしています。

そのため、日本酒には幼少期から自ずと詳しく、帰省の際にはアテになる美味しいものを東京土産にする役割がありました。

うまい日本酒に合う酒の肴。数々思い浮かびますが、贈答品として欠かせない逸品と言えば、紀尾井町「福田屋のからすみ」に勝るものが、今のところありません。

塩分控えめ、飲み過ぎ注意、の観点からそう頻繁にいただくわけにはいきませんが、何がイチオシ?と訊ねられたら、間違いなく「福田屋のからすみ」と答えます。
   

日本酒に合う、日本酒以外にも合うオールマイティな日本の珍味

こちらのからすみは、ボラで作るからすみではありますが、一風変わったところも。商品紹介ページから抜粋すると『創業時に北大路魯山人のアドバイスを受け一般的な塩漬けではなく「西京味噌漬け」にいたしました。大根のスライスや白いご飯などと合わせまろやかな味をお楽しみいただけます。』とのことで、魯山人にゆかりのある、西京味噌漬けのからすみなのです。
 
からすみ

桐箱入りで贈り物にも最適


『最後まで美味しく召し上がっていただけるように腹のままではなくおすすめの厚さにスライスし適量を真空個包装に。』とあるように、小分けされているのもありがたいところ。無駄なく食せるところもオススメのポイントです。
 
DATA
紀尾井町 福田家┃からすみ

内容量:100グラム
原材料:鯔子、西京味噌、天然塩、果実酒用焼酎、日本酒、味醂
外装サイズ:196mm×110mm×50mm
保存方法:要冷蔵
賞味期限:3ヶ月(製造日から)(冷蔵庫で未開封3ヶ月、冷凍庫で未開封1年)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。