Anker PowerPort Atom III Slim, USB PD

単三電池5個分くらいでパソコンも充電できるUSB PD対応ACアダプタ
 

スマートフォンなどをUSB端子から充電するのは当たり前になっていますが、機器やケーブルによって微妙に仕様が違うので、充電が遅い、なぜか充電できないというトラブルは今でも多いと思います。

そんな悩みを解決してくれたのが、今回イチオシする「Anker PowerPort Atom III Slim」という、小型で30Wまでの給電に対応するUSB PDの充電器です。

スマートフォンやタブレットだけでなく、ほとんどのUSB PD対応のモバイルパソコンも充電できるので、今では常時バッグに入れているお気に入りのアイテムです。

   
 

\d払いがとってもおトク!/

 

スマホだけでなくモバイルPCも充電できる


最近はスマートフォンを中心に、裏表がなく小型のUSB Type-C端子のPower Derivery(USB PDとも略される)という規格に対応する機器が増えたことで、充電環境がより便利になっています。

さらに、充電器自体も進化していて、窒化ガリウム(GaN)という素材を利用した、従来よりも小型の製品が登場しています。

それでも、不測の事態はいつ訪れるか分かりません。私はこれまで同じメーカーの20Wまで出力ができる充電器を持ち歩いていました。一方、今回イチオシする「Anker PowerPort Atom III Slim」の体積や重量は、これとあまり変わりませんが、単三電池5個分くらいのサイズで、薄くなり持ち歩きしやすくなりました。

この製品のポイントは、このサイズで30Wまでの給電が可能な点です。つまり、スマートフォンやタブレットだけでなく、ほとんどのUSB PD対応のモバイルパソコンの充電ができると言う点です。
ACアダプタ

これまでの充電環境(左)に比べて大幅に小さくなった現在の充電環境(右)
 

従来は、各機器に合わせてUSB充電用の充電器、パソコン用の充電器など、複数のACアダプタを持ち歩いていました。この製品を使い始めてからは、大幅に荷物を減らせています。おかげで充電切れに対する不安も少なくなりましたし、特に荷物のサイズと重量に気を遣う飛行機での移動が快適になりました。

すでに持っている機器のほとんどがUSB PDなどでの充電に対応できているので、ちょっとした旅行では、この充電器とケーブルだけですべての機器へ充電できます。

パソコン用の充電器はより高速に充電できるなど、完全にこれに切り替えて使えるわけではありませんが、持ち運び時の充電用には問題ありません。

しかし、同時に充電できるのは1台だけなので、これだけで同時に複数の機器で充電することはできません。そのような場合は、パソコンをこの機器で充電しながら、パソコンからスマートフォンを充電することで、複数台への同時充電もできます。
Anker USB PD

240V対応で海外でも使用できる。プラグ変換アダプタの方が嵩張るほど
 

旅行や出張での活用はもちろんですが、小型なので、ケーブルと一緒に普段使うバッグに入れっぱなしでも気になりません。

USB Type-Cのケーブルと、そこから変換するiPhoneなどのLightning変換コネクタ、古い機器用のmicro USB変換コネクタと一緒に、バッグの中に常備していてもまったく気になりません。

この製品のおかげで、充電環境の充実と、持ち運び機器の大幅な減量化ができています。

   
 

\d払いがとってもおトク!/

 
DATA
Anker┃Anker PowerPort Atom III Slim

サイズ:約76×45×16 mm
重量:約57g
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。