まさに神対応! 無印良品が1100品目を値下げ

無印良品1100品目の価格見直し

増税しないばかりか、1100品目を値下げするという太っ腹な決断!
 

年齢性別を問わずファンが多い無印良品。10月からの消費税増税を前に、約1100品目の価格の見直しに踏み切りました。

値下げといっても数十円、数百円は当たり前、家具などの大きいものは8000円近くを値下げしています。しかも10月1日からの消費税増税後も、価格据え置きの税込み金額というから驚きです。そんな神対応の無印良品の値下げされたアイテムの中から、定番人気の5つのアイテムをご紹介します。

 

1.「ポリプロピレン ファイルボックス」990円→690円

無印良品1100品目の価格見直し

ワイドサイズは300円も値引きされたポリプロピレンファイルボックス


何個あっても重宝するポリプロピレンファイルボックスが嬉しい値下げです。ワイドサイズは990円→690円、スタンダードタイプも690円→490円です。さまざまな形が販売されていますが、写真のA4サイズの2タイプが一番幅広い用途があるように思います。

本の仕切りとしてはもちろん、雑貨や掃除グッズの収納、フライパンやフタのスタンド収納、古紙や空き缶の一時保管場所など、活躍の場所は無限大です。我が家では上記の使い方全てを実践しています。

荷物の量はライフスタイルによって随時変化しますが、不要になったら他の用途に利用できるので何個あっても本当に重宝します。色は2種類ありますが、中身を見せたくない人はホワイトグレーを、中身がわかった方がいい人は半透明を選ぶといいと思います。
 

無印良品1100品目の価格見直し

お客様には見せられない家や土地の書類、保険の書類などは穴がある方を表にします

無印良品1100品目の価格見直し

子どもの学校関係の書類は、誰でもすぐ取り出せるように本の背表紙が見えるように使っています

 

2.「シリコーン調理スプーン」850円→590円

無印良品1100品目の価格見直し

すくう、混ぜる、盛り付ける、全てをこなす万能選手!


使っている人も多いと思いますが、無印のロングセラー商品といえば「シリコン調理スプーン」ですね。それが270円も値下げされたというから驚きです。

すくう、混ぜる、盛り付ける、全てがこの1つのスプーンでできるので、調理の時も洗い物が少なくて済むのが嬉しいところ。煮物、チャーハンなどの炒め物、カレーやシチュー、麻婆豆腐など幅広い調理に使えます。


使っていると表面がベタつくことがありますが、その場合は5分ほど煮沸して台所用の中性洗剤で洗う、または大さじ1の重曹と酢を入れた1Lのお湯に1時間ほど浸けるとスッキリします(無印良品のお問い合わせ欄に記載されています)。
 

無印良品1100品目の価格見直し

スパチュラとお玉のいいとこ取り!


 

3.「足なり直角靴下」選べる3足 890円→790円

無印良品1100品目の価格見直し

選べる3足はレディス・メンズを混合してもOKです

 
足なり直角靴下は、一度はいたら他の靴下をはけなくなる人が多い定番アイテムです。足の形にフィットするのでズレにくく、オーガニックコットン入りで肌触りもいいので、個人的にも大好きです。

2018年の2月に990円から890円になってとても喜んでいましたが、今回はさらに100円値下がりしました。はき心地も良くて耐久性もあるのに1足あたり260円ちょっと。単品も値下がりして300円になったので、愛用者がさらに増えそうです。
無印良品1100品目の価格見直し

足の形にぴったりフィットが気持ちいい  

 

4.「ポリプロピレンメイクボックス」450円→350円

無印良品1100品目の価格見直し

大きさや深さがちょうど良く、スタッキングできるメイクボックス


もはや多用途すぎて、メイクボックスという名前に違和感すら覚えるポリプロピレンメイクボックス。メイクボックスとしてはもちろん、ボタンや糸などの裁縫グッズ入れ、子どものオモチャ入れなど、使い方は無限大です。

重ねられるので収納場所に困らず、フタ付き、仕切り付き、トレーミラーと組み合わせることもできます。私は仕切りとしてペンシルスタンドをいくつか使って、出し入れしやすい収納を心がけています。
無印良品1100品目の価格見直し

小物類はフタ付きの方が重ねた時に安定するのでオススメです 

無印良品1100品目の価格見直し

共有スペースの洗面では、1人1ボックスと決めて収納してもいいですね


 

5.「ウレタンフォーム三層スポンジ」3個入 399円→299円

無印良品1100品目の価格見直し

1個100円以下という嬉しい値段に!


リピーターが多い三層スポンジも3個入りは299円となり、100円の値下げです。ということは1個100円以下。真っ白な見た目にファンが多いアイテムですが、使い勝手も抜群です。水切れも泡立ちも良く、表と裏のウレタンフォームを汚れによって使い分けることができます。

正直耐久性はそこまで強くありませんが、白いことで汚れや使用期間がよくわかるので、古くなったら潔く交換できます。とにかく水切れがいいので、衛生面が気になる人にオススメです。

 

無印良品1100品目の価格見直し

他にもお得なアイテムがたくさん!


無印良品のものづくりの基本となる考え方は、1980年のデビュー以来変わっていないといいます。生産や流通にかかる無駄を省き、適切な産地や素材を選定し直すなどの方法で、高品質なアイテムを低価格で提供してくれているのです。

ムジラーはもちろん、普段あまり無印良品を利用しないという人も、1100品目の値下げのこの機会に、その魅力を感じてみてください。



DATA
無印良品
※価格は全て税込み
 



【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で人気の雑貨を見る

Amazonで人気の雑貨を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。