パリパリ無限キャベツのもと

パリパリ麺、ねぎとごまの入った粉末スープ、特製油の3点セット


スーパーのキャベツ売り場の近くでよく見かける「パリパリ無限キャベツのもと」。

1袋160円(税抜)なので、一般的なキャベツ1/2玉よりも値段が高いのですが、これを使うと“野菜が苦手な子どもがもりもり食べてくれる”と話題になっています。
   

用意する野菜はキャベツ1/4玉だけ

パリパリ無限キャベツのもと

用意するのはキャベツ150g。だいたい1/4玉弱でOK!
 

基本的に、用意するのはキャベツ150gだけ。ちょっともの足りない気がしますが、香ばし麺のボリュームがあるのでキャベツだけで十分です。

もう少し彩りが欲しい人は、コーン、ツナ、トマト、にんじんなどを加えてみるのもいいと思います。
 

作る工程は4ステップ。5分もあれば完成!

パリパリ無限キャベツのもと

かた焼きそばのようなパリパリとした麺
 

販売元は「まるちゃん」でおなじみの東洋水産。パリパリの香ばし麺と一緒に入っているのは“粉末スープ”と“特製油”。なるほどカップラーメンに入っているので見慣れているわけですね。

作り方は簡単な4ステップ。キャベツを千切りするのが手間だという場合は、カットキャベツを使えばOKです。

[STEP1]キャベツを千切りする
あらかじめ水洗いしたキャベツの水気を切り、千切りにします。
 
パリパリ無限キャベツのもと

千切りが多少太くなっても大丈夫


[STEP2]麺をビニール袋に入れてほぐす
麺をビニール袋に入れて、手で食べやすい大きさにほぐします。
 
パリパリ無限キャベツのもと

ビニール袋に入れずに、付属のカップの中でほぐしてもOK


[STEP3]キャベツと麺をボウルに入れて混ぜる
キャベツを麺を大きめのボウルにあけて、混ぜ合わせます。
 
パリパリ無限キャベツのもと

さっくり混ぜる程度で
 

[STEP4]粉末スープと特製油を混ぜ合わせれる
添付の粉末スープと特製油を入れて、よく混ぜ合わせれば完成です。
 
パリパリ無限キャベツのもと

簡単なので子どもにお手伝いをお願いできる

 

子どもも大人も大好き! うましお味

パリパリ無限キャベツのもと

パリパリ麺のおかげでボリュームUP!
 

我が家も発売当初から食べているのですが、何度食べてもおいしくて、はじめて子どもに味見をさせた時、「もっとちょうだい!」と言って半分近く食べてしまったのを覚えています(無限の文字に偽りなし) 。

今でも食卓に出すと、子ども2人で全部食べきってしまうほど。普段の千切りキャベツはあまり食べないので、圧倒的に「パリパリ無限キャベツのもと」の勝利!

チキンの旨みとごま油のコクを感じる塩味は、ビールのおつまみとしても最適です。
 

無限キャベツ以外の種類も登場

パリパリ無限キャベツのもと

無限レタスのもとはガーリック&オニオン味。こちらも止まらないおいしさ


今では「パリパリ無限キャベツのもと」以外にも種類が増え、「パリパリ無限レタスのもと」「パリパリ無限もやしのもと」「パリパリ無限だいこんのもと」も販売されています。

基本的には粉末スープと特製油が違うだけなのですが、どれも外れなしのおいしさでした。

ただ1つ注意点としては、なるべく食べる直前に作ること。時間が経ってしまうと麺が水分を含んで柔らかくなってしまうので、麺がパリパリしている間に食べ切るようにしてください。

調理時間は数分なので、忙しくてサラダまで手がまわらない時もかなり重宝。忙しい主婦の方にも野菜が苦手なお子さんにも、強い味方になってくれると思いますよ。
 
DATA
東洋水産 | パリパリ無限キャベツのもと

内容量:54g(めん40g)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。