フリマの発送、一番ネックになるのは「厚み」

ゆうパケットやネコポスの厚みを簡単に測れる定規

ゆうパケットやネコポスの厚みを簡単に測れる定規

メルカリやラクマ、ヤフオク!には、それぞれ独自の配送方法があり、料金も安目に設定されています。たとえば日本郵便と提携した配送方法のひとつがゆうパケット。メルカリでは全国一律175円(税込)で送れるので、私もかなりヘビーに使っています。ただ、送料が安い分、サイズもきちんと決められています。ゆうパケットの場合には長辺34cm以内、縦+横+厚みの3辺合計が60 cm以内、重さ1kg以内、そして厚み3 cm以内です。

私の経験上、この条件で一番ネックになるのは厚みです。本や雑誌、薄手の衣類であれば厚みが3cm以内に収まることが多いのですが、トートバッグやお財布などは商品自体は3cm以内でも梱包をすると3cmを超えてしまう可能性が出てきてしまいます。「これは大丈夫かな?」と思うことも多く、その不安を解消するために使っているのが「厚さ測定定規」です。
 

サイズオーバーになると荷物が戻ってきてしまう

厚みを含めサイズオーバーに注意

厚みを含めサイズオーバーに注意

厚さ測定定規は、荷物を穴に通せるかどうかで規定サイズ以内に収まっているかを判断することができます。なぜここまでちゃんと測る必要があるのかというと、サイズオーバーになると荷物が戻ってきてしまうからです。

実は、以前は発送手続きをするコンビニで店員さんがサイズを測っていたので、もしオーバーしたとしてもその場で対処ができました。でも、今はコンビニで測ることはなく、手続きが終わった後で郵便局やヤマト運輸の営業所などでサイズを測ります。そのため、サイズオーバーをしてしまうと送り主に戻ってくるのです。
 

長さも正確に測れる工夫がある

厚さ測定定規は4種類の厚さに対応しています。

<1cm>定型外郵便物、ゆうパケット
<2cm>ゆうパケット
<2.5cm>ネコポス
<3 cm>定型外郵便物、ゆうパケット、クリックポスト


通常のゆうパケットは、厚さによって料金が変わりますが、メルカリなどでは3cm以下であれば同じ料金になっています。

また、定規というだけあって周りには目盛りがついています。ゆうパケットの場合、一番長い辺でも34 cm以内にしないといけないので、この目盛りを使って測ることができて便利です。
メモリがついているので長さも正確に測れる

メモリがついているので長さも正確に測れる

メルカリやラクマ、ヤフオク!のユーザーであれば、荷物の梱包にはかなり気を使うはず。サイズオーバーしないように定規で測りならが梱包することも必要です。多少の手間はかかりますが、発送時に不安を抱えたままだったり、万が一サイズを間違えて荷物が戻ってくることになれば、買ってくださった方にも迷惑がかかります。だからこそ、「厚さ測定定規」はぜひ使ってほしいオススメのグッズです。
 
DATA
keep smiling┃厚さ測定定規(頑丈な5mmアクリル)
色:透明
本体サイズ:21×30cm
本体重量:約240g
開口部寸法:2.5cm部分→2.6 x 22.9cm。1cm部分→1.05 x 25cm。2cm部分→2.07 x 25cm。3cm部分→3.1 x 25cm
材質:5mm厚アクリル
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。